守成円蔵のちいさな世界

アクセスカウンタ

zoom RSS さようなら大ちゃん【横浜ベイスターズ】

<<   作成日時 : 2004/10/16 21:41   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

日本シリーズの陰に完全に隠れる形で、本日、横浜の今季最終戦がひっそりとスタジアムで行われました。熾烈な広島との最下位争いの結果は、今日の最終戦に持ち込まれたわけです。横浜が勝てば5位。負けたら、ビッケ。

結論。ビッケ。三季連続で最下位。うぅ・・・

ヤ2−横0のまま、8回ウラに同点に追いつきまして、9回表ヤクルトが1点勝ち越し、そのまま3−2の敗戦。今期序盤なら、9回ウラから劇的な逆転劇が期待できたチームですが、その勢いは7月くらいで消えていった。

今日といい、昨日の吉見の9回2アウトまでのあわやノーヒットノーランといい、大ちゃんに最後の最後で花道を飾ってあげられなかった。そして最下位終戦。しかも1厘差。さぞや無念。

大ちゃんの負けても選手のせいにしない姿勢は好きでした。ときにキテレツな、ときに素人まがいの采配も、今思えば楽しみでありました。草野球級のエラーも多いチームでした。先発ピッチャーが全然コマ不足でした。が、今年の序盤は、たびたび、ひっくりかえるくらい凄い試合を見せてくれましたよね。試合終盤で劇的に追いついて逆転勝利が多かったように、チャンスは必ずモノにできる雰囲気に漲っていたんだけどね。延長で一旦離された直後にウッズのサヨナラHRは凄かったよ。神がかってた。いったいどこからおかしくなっちゃったのか。

そういえば、一場選手の横浜入りが濃厚だとか。実現したら、那須野選手といい、素晴らしいドラフトになりそうです。とにかく投手再建。打撃はリーグ一のチーム打率を誇るのですから。ウッズには、残ってもらいたいんだけど。とにかく、来季も楽しみにしてるから。またスタジアムに観にいくから。楽しませてよな。

ま、少なくとも森政権時の、「鬱屈した重さ」は大ちゃんによって取り払われたと見ています。しばらくしてから、また横浜の監督やってください。ありがとう、大ちゃん。

蛇足になりますが、横浜スタジアムのことを球団側は「浜スタ」と呼ばせたがってますし、実際そう呼ぶ人もいます。しかし、昔からの県民は「スタジアム」と呼んだら日本全国津々浦々の球場があるなかで、なぜか横浜スタジアムのことだと認識します。だから「スタジアム」で十分です。少なくとも、私の周囲では、そうですね。おもしろいもんですね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
さようなら大ちゃん【横浜ベイスターズ】 守成円蔵のちいさな世界/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる