守成円蔵のちいさな世界

アクセスカウンタ

zoom RSS 巨人が元横浜のマレン投手獲得

<<   作成日時 : 2005/04/17 12:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

元横浜のマレンが、日本に帰って来る。
巨人・マレン獲得を発表 年俸3千万円、背番号69

 巨人は16日、昨季横浜でプレーしたスコット・マレン投手(30)=188センチ、87キロ、左投げ右打ち=と契約を結んだと発表した。背番号は69。年俸は約3000万円。今月末に来日する予定。

 マレンは昨季、年間を通して先発陣入りし、28試合で7勝10敗、防御率4・71だった。今季は米大リーグ、マリナーズ傘下の3Aタコマに所属していた。マレンは球団を通して「日本に戻ることができ、いまは興奮している。優勝に貢献できるよう頑張る」とコメントした。(金額は推定)
(共同通信社 2005/04/16 - 06:16 PM)

昨年の横浜の外国人投手陣は、先発型にマレンとウォーカー、佐々木の前にとギャラードの3人がおりました。結果的に、三人とも今季はおりません。

ギャラードやウォーカーは、シーズン前半で早々に干された格好でいつしか消えていたようなもんです。もっと使い方があったはずだと、起用方法には私、俄然不満が残った記憶があります。

そんな中、マレンだけは年間でローテを回しました。昨年の横浜のような状態のチームで、7勝10敗ということは、ファンが言っちゃあおしまいだけど、大活躍でしょ。それを切ってしまったので、ちょっともったいないなあ・・・でも政権交代のタイミングだし有り得る判断だよな・・・と思っていたわけです。

そこへ、失意のうちにアメリカへ帰った(はずの)マレンを、今度は投壊に泣く巨人が急遽獲得したとの報が上の記事で。

いいですか、繰り返します。マレンは「最下位の横浜で7勝も上げた投手」です。彼が巨人に入団して、”打線が回復したという条件”が重なったなら、軽々と10勝しそうな気がします。

さて、果して巨人のマレン投入は成功するのでしょうか。人情でいったら、活躍させてあげたいのだけれど・・・(昨年スタジアムに見に行った時、彼の好投で勝ったからなんですが)。まあ、騒ぎ立てて急遽獲得したわりには、チャンスを与えてもらえないのが巨人のお家芸(失礼!)なので、どうなることか。

それはそうと、今季の横浜舶来投手陣。

旧きよき日産を彷彿とさせるセドリック投手。長期育成目的で昨年中途で獲得したものの、あまりに先発のコマがないってんで一軍に上げてみたらかなり活躍したってんで、今年も残り、ローテに入っています。ベンチで紙コップ齧ってはコップに吐き出す癖がある。つうか、カメラはそんなとこ放映しなくてよろしいのだぞtvk。

セドリックに加え、中継ぎで新入団のホルツとクルーンが調子いいので、これはこれで正解といえそうです。逆説的ではありますが、中継ぎの充実によって先発の薄さをかなりカバーできていますから。中継ぎ頼りの貧打線で、こんなやり方が何月まで通用するのか・・・ヒヤヒヤしてますが。

マレンのことは仕方がなかったとするしかない。お手並み拝見。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
巨人が元横浜のマレン投手獲得 守成円蔵のちいさな世界/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる