守成円蔵のちいさな世界

アクセスカウンタ

zoom RSS 秦・ローテ入り競争参入へ初先発

<<   作成日時 : 2005/06/17 20:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今日はスタジアム観戦のチャンスがあったのだが、止めておいた。

17時半に関内での用事はハネ、あとは自由ということなら、
いつもの私なら、観戦モード。

しかし今日は何かか違う。

うまくいえないが、体が重い、体調がイマイチ、判断も冴えない。

こういう日が、月に1,2回来る。
例えばこういう日に皿を洗うと、90%くらいの確率で食器を割る。
ふせぎようもなく。わざとでもなく。

そういうことなので、経験上、乗らない日はじっとしていることにしている。
今日も、雨降りそうだったし。

しかし、一応はチケット売り場のぞいてみよ、外野席残ってるかな・・・、と。
場外の外野席チケット売り場で、チケット売りのおばちゃんに聞く。

円蔵「外野自由のチケットあります?」
おばちゃん「どうだかねえ・・・」

は???

頭の中で再度、いまのやりとりを反芻する。
俺は質問を間違ったのだろうか?
おばちゃんの回答の意味が飲み込めない。

その後、いくつか質問してようやくわかったのだが、
「チケットは若干余っているから売ることはできる。
しかし、だいぶ売れたから混んでるだろうし座れるかどうかはわからないよ」
ということらしい。

それが、「どうだかねえ」に集約されていた。

んなの、理解できねえよ。

自由席って、言われなくたってそういうものだろうよ。

ということで、このやりとりで余計に磨り減ったので大人しく帰ることにした。
弱い。

交流戦の雨流れの予備試合、相手が楽天ということもあり(失礼)、
今日の先発はわりかし冒険の余地があるんじゃないかと見ていた。
いやいや、そういうコトは昨日のうちに言っておかねば。
ただ、秦がくるとは想像してなかった。
まあ、那須野にまたチャンス与えるかな、くらいに思ってたし。
現在も、健闘してます(うちはTVK見れるので)。

今年は、先発が固定できないのは確かに課題だけど、
投げるチャンスを欲しがる人が多い、というのが横浜のよいところだ。
一軍で好投したとしても、ヘタ打ったら容赦なく二軍と入れ替え。
この辺が、牛島組のケジメのつけ方か。
いずれにせよ、はっきりしていてわかりやすい。
競争原理もはたらくし。

龍太郎、那須野、吉川、斉藤隆、土肥、加藤、吉見、秦。
これぐらいかな。そういう意味で渦中にあるのは。

ローテにい続けてるのは、今季は・・・
三浦、セドリック、門倉、くらいか。

駒があるということは、いいことです。

ホークス三連戦は、なんか執着心なくあっさり負けた感があるので、
もっと必死にくらいついて勝利をもぎ取って欲しいと思う今日この頃。
個人的な感想ですが、ね。

とにかく、今のチームではまだまだ優勝もぎ取れる組織力はない。
そこんとこ、どう自覚してこの先闘えるか。

交流戦から通常のリーグ戦まで、ちょっと間が空きます。
いままでは、こういうリズムはなかったわけです、
オールスターまで突っ走りのスケジュールだったので。
この新しいリズムを、うまくシフトチェンジに生かせると、
この先すうっと、抜け出せそうな気がするんですけどね。

え〜
そして試合終了。秦、今季初先発での初勝利、おめでとうございます。

クルーンは初球の直球狙い打たれてまたも失点。
速くても、当てられちゃうんだよな〜、大丈夫か?それとも明日得意の宮城で160`か?

打線は、中盤以降、追加点とれなかった点が相変わらず気がかり。
しかし、今日は佐伯が4番の活躍の決勝HR。
「僕も頑張ってるんです」のコメントがあった。
ごめんな、いつも厳しいことばかり言って。
でも、もっと打て!愛情を込めて。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
秦・ローテ入り競争参入へ初先発 守成円蔵のちいさな世界/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる