守成円蔵のちいさな世界

アクセスカウンタ

zoom RSS 冷や汗6連戦を終えて

<<   作成日時 : 2005/08/08 12:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

上位の阪神・中日に挑む6連戦が終わった。

臆病な私は、オールスター明け勝利なしのムードを引きずって6連敗なぞしやしないかと、ヒヤヒヤして迎えたわけだが、結果をいうと2勝4敗。4敗とも、惜敗といえば惜敗で、流れによっちゃあ6連勝できたんじゃないかと、終わってみれば思う。しかし、それができずズルズル同じ負け方で流れるところ、ここが、今の横浜ということだ。

つまり、首位を狙うチームと、Aクラス入り(もしくは貯金生活)を狙うチームとでは、肝心要のところでモチベーションの違いが出るということだ。

そこのところを、横浜の選手(とくに若手)には、わかって欲しい。明日は、佐々木のセレモニーが実現しちゃうらしい。それはそれでもういい。若手には、佐々木の背中を見ながら、文字通り「一時代の終り」そして「新たなる世代の始まり」だということを、キッチリ焼き付けて欲しい。こんな大変な時期にオコチャマ佐々木が言い出したふざけたワガママを、なぜ牛島が最終的に通したか?それは、若手にこそ、それを見て腹をくくって欲しいからだ。と、思いたい。


さて、試合終盤に逆転を許すパターンが見事に続き4連敗。あまりに続きすぎて、個々の試合の記憶がごっちゃになってしまって正確に甦らない。よって個人的な、まとめ。

8/4 横浜2−6阪神 
巨人・西武以外に勝てない土肥が好投。2−1のリードで8回川村が今岡に逆転満塁被弾。

8/5 横浜7−9中日
セドリックから継投へ。5−4の9回クルーンが福留に逆転満塁被弾。裏の村田2ラン及ばず。

8/6 横浜5−8中日
斎藤隆好投も、5−3のリードから8回ウッズに2本目喰らう。継いだホルツが福留に同点被弾、9回川村が逆転許す。ウッズは9回ダメ押し含め3本塁打。

8/7 横浜6−7中日
龍太郎から継投。3−6の9回裏に岩瀬を攻略し同点にして延長へ。11回吉川が逆転許す。

継投陣が崩れるという、見事なまでに分かりやすいパターン。ここへ来て彼らに疲れが出てるともいえるし、私は継投の采配ミスだとも思ってみている。

しかし、精神的ダメージを払拭して気持ち新たに今週闘うべし。佐々木セレモニーは丁度いい転換点か。私もダメージ大きいが、2勝できたし、肉弾戦を展開できたので、よしとする。

ちなみに、球団側はスタジアム今季最終戦にも佐々木に投げさせたい意向があるとか。
背番号22の永久欠番化は考えていないらしい。それでいいよ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
冷や汗6連戦を終えて 守成円蔵のちいさな世界/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる