守成円蔵のちいさな世界

アクセスカウンタ

zoom RSS 原復帰へ。佐々木の復帰は?

<<   作成日時 : 2005/09/23 00:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

原氏がいよいよ巨人復帰になるらしい。巨人ファンは概ね大喜びのことだろう。

堀内さんは、本人の手腕もあるが、つくづく、ついてなかった。
環境とか、タイミングとか、健康(ガン)とか、そういう点で。
本人のいないところで公然とクビが決まったような言い方というのも、気合抜けるよな。

元巨人ファンの私としては、原氏は過去にモメて辞めた経緯を踏まえて、ここはもう数年、読売首脳とは距離をとってほしかった。江川か中畑に、チャンスを一度与えて欲しかった。でないと、もうろくジジイたちを甘やかすことになるのではないかと。

まあ、どうにもならん話だ。

そんなこんなしているうちに、今シーズンも大詰めへ向かう。我が横浜は果して、目前にまで来た5割を手中にできるだろうか?ぜひやって欲しい。5割で終えて、牛島監督になってよかったな、という締めくくりにできたら今季は素晴らしいエンディングだ。

と、ここへきて、また佐々木問題となる。

球団側は、本拠地のスタジアムで引退登板をさせるべく、10/8のヤクルト戦をその場に設定している。引退に花を添えるためか、当日限り、球場内の全席を自由席一律1500円也で販売中。外野も内野もバックネットも、1500円。いろいろあった佐々木だが、ここまで条件が整えば、土曜のゲームだし、たぶんかなり人が入るのではないかと。

しかし、5割・Aクラス確保がギリギリまでずれ込んだらどうなるか?

もはや1試合も落とせないような展開で、仙台のときみたいに早い回で1人限定で登板させられるだろうか。大量リードを奪うか、奪われるかする展開じゃないと、佐々木は出せないかもしれない。

そんな空気を読んだか、あるいは内心もう自身のシーズンは終えた気分なのか、佐々木投手は「こういうチームの状況なので、すでに仙台でも投げさせてもらったことでもあるし、10/8は遠慮すべきではなかろうか」といったことも言い出しているそうだ。

とにかく、告知しちゃった以上、当日はけっこう沢山のファンが佐々木を見にスタジアムを訪れるはずだ。ま、ここは監督と当日の状況次第としかいえないだろう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
原復帰へ。佐々木の復帰は? 守成円蔵のちいさな世界/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる