守成円蔵のちいさな世界

アクセスカウンタ

zoom RSS 三木谷社長が「横浜」の売却計画もらす

<<   作成日時 : 2005/10/19 13:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

なんとなく一人相撲の様相、三木谷氏。

売るとすればあくまで主体はTBSのはずなのに、氏自らが「売却先を見つけた」と発言するところに、強引というか豪腕というか、そんなきなくささを感じる。「楽天の合弁相手の」USENというのも、仲間仕事?

ここ数年、横浜の売却があっても不思議じゃないと思っていた。が、昨年の今頃のことを思うと、まさか楽天にかき回されるとは思ってもみなかった。

はて、このまま押し切るか?
2005年10月19日(水) 毎日

 TBS株を大量取得した楽天の三木谷浩史社長が、TBS傘下のプロ野球球団「横浜ベイスターズ」について、複数の政財界関係者に「既に売却先を見つけた」と話していることが18日、分かった。楽天は共同持ち株会社による経営統合をTBSに提案しているが、野球協約はオーナーが他球団または親会社を保有することを禁じており、「東北楽天ゴールデンイーグルス」のオーナーである三木谷社長の対応が注目されていた。

 関係者の話を総合すると、三木谷社長が売却先の確保を語ったのは、TBS株の15.46%(12日現在)を取得し、筆頭株主になったことを明らかにした今月13日の直前ごろ。三木谷社長は同日の会見で、横浜の扱いについて「(統合が)うまくいけば、先方との相談事項になる」と発言。その後に民放の報道番組に出演した際には「(球団)合併には反対」と述べ、売却を示唆していた。TBS株の7.45%を取得した村上ファンドの村上世彰氏も、TBSに横浜売却を提案していた。

 TBS側は「売却は、まったく考えていない」と完全拒否。楽天がTBSに提示した経営統合計画書には、横浜の扱いは盛り込まれていなかった。

 プロ野球球団の売買をめぐっては、大手有線通信会社「USEN」(東京都)が、昨年秋に福岡ダイエーホークス(現ソフトバンクホークス)の買収を検討するなど、プロ野球参入に意欲を見せていた。USENは楽天と合弁でネット映像配信事業を手がけており、有力な売却先候補の一つと見られる。
◆おことわり◆
報道のひとつひとつに過剰反応するつもりはなく、一連の横浜騒動をスクラップ・ブックにすることが目的です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
三木谷社長が「横浜」の売却計画もらす 守成円蔵のちいさな世界/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる