守成円蔵のちいさな世界

アクセスカウンタ

zoom RSS 濃霧コールド

<<   作成日時 : 2005/10/23 00:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

日本シリーズの幕開けというとピリピリしたムード漂うわけだけれど、今年は緊張とは無縁のハプニングが。

中継で観ていたけれど、中盤から球状の上空にモヤがかかりだす。
最初は演出のスモークかと見間違えたくらい、濃くて白い霧が球場の上から降下してくる。
ありゃあれで、見事な自然現象でしたね。

こんなんじゃ外野手は飛球が見えないね、といっていた矢先、7回裏の里崎のHRあたりから、いよいよ霧は濃くなる。試合が中断する直前にベニーが放ったHRなど、テレビカメラが追っても飛球が霧に溶け込んで、映ってないじゃん。もうグラウンド上も真っ白になってしまって、試合は30分の中断をはさんで、シリーズ初の濃霧によるコールドゲームが成立してしまった。水分だけに、雨の降雨コールドと同じ扱いと。濃霧コールドって言うのかな?

アレ、ベニーのホームランなんだけど、ほんとにどこに入ったんだろう?
審判も見えてないような気がする…。
 主審「おい、あれ入ったのか?」
 線審「見えませんでした」
 主審「それじゃHRと断定できんじゃないか」
 線審「ファンが沸いてたんで、HRと判断しました」
 主審「キミね…」 
こんなやりとりがあったのかどうだか。
どうもわらわらと多めの審判が集まっていると思ったら、シリーズって懐かしの6人制だって。


幕張海岸には10月の夜の冷たく湿った海風が吹く。それが球場の上を通過する、すると直下は球界屈指の熱狂的ファン(阪神+ロッテ)が沸いていて、その熱気で空気が温まってる。そこへ冷たい海風が合流すると、寒暖の差で霧が発生する。

そんな冗談のような現象が起こるはずなかろうが、明日のナイト・ゲームもこれは楽しみ。


「濃霧コールド」もかなり膝がカックンしそうな理由だけど…
 ・ドーム球場なのに雨天中止(台風とかで交通が麻痺したため)
 ・強風のため中止(これも千葉マリンだったかな?)
 ・日没コールド(地方で照明設備が乏しい球場など)
こんなのを思い出した。まだあるかな?

日没コールドってさすがに最近なかなかないですね。

シリーズ前に書きたかったのだけれど、ロッテの方が波に乗ってて試合勘も働いてて、3週間待たされた阪神と比べたら、絶対的に有利じゃなかろうか。パのプレーオフはそれなりにいい試合だったんで面白いけれど、3/6の確率で出場できるようじゃ、本質的にあれプレーオフって言えないよなあ。

ということで4勝1敗でロッテと、挑戦的な予想。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
昨夜はウチの方も濃霧でしたよ。

今日も大敗・・・(T_T)
甲子園で巻き返しだ!!!
(でも、あの勢いはもう、止められなさそうだ・・・)
kinta
2005/10/23 23:23
そうですか、濃霧はあそこだけじゃなかったですか。
そりゃそうですね。

いくらなんでも先日の2戦みたいなやられ方は、甲子園では出来ない阪神。
暴動起きないといいですが…今晩も見どころです。
円蔵
2005/10/25 11:36
ああ・・・(T_T)
ホントに暴動起きそうな試合展開。。。

私だって暴れたいくらいだもの、
わざわざ球場に行った人は暴れるだろう〜(>_<)
kinta
2005/10/25 20:59
いくらなんでもあっさり4戦とは…
大阪からの中継では、地元の阪神ファンも脱帽というか虚脱というか、荒れることなく大変静かのようです。ロッテ強すぎです。お疲れ様でした。
円蔵
2005/10/26 23:34

コメントする help

ニックネーム
本 文
濃霧コールド 守成円蔵のちいさな世界/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる