守成円蔵のちいさな世界

アクセスカウンタ

zoom RSS ブック・オフの店先の抽選部隊って?

<<   作成日時 : 2005/10/29 02:28   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

大きな駅の側なんかにあるブックオフの大型店。入口で抽選箱持ってる人たちは何なんですか?

僕の年齢か、はたまた常に殺気立つ顔立ちからか、僕にはいつも引かせてくれません…

しかしですね、考えてみれば妙です。

どーも、彼らはブックオフの店頭に立ってはいるけれど、店員じゃないようだ。
買い物の有無にかかわらず、また抽選券も要らずにくじが引けてしまう。
客を選んで声をかけてる節がある。僕には寄ってもこない。
そもそも何の抽選なんだかパッと見には分からない。

そんな感じなんで、怪しいので無視してました。
寄ってもこないしこの人たち仕事サボッてるんだろか?とは思えど、それ以上考えもしなかった。

しかしそれが「抽選商法」と呼ばれる、くじの当選でいかにも得したように見せかけてサービスや商品を販売する手法だということがようやくわかりました。僕みたいのじゃなく、きっともっと若い子をターゲットにしているのでしょう。

そしてブックオフで見かける彼らは、自分で確かめたわけじゃないから分かりませんが、くじにかこつけた有線放送サービスの勧誘だというのです。当選したから導入料金がタダみたいなことを言うらしいのですが、くじはみんな当選くじばっからしいし(怪しまれないよう全て「2等」だとも)、くじに当たろうがなんだろうが導入料金は至るところでタダのようなのです(例えばとある電気量販店で申し込みしてもタダらしい)。

ちゃんと月額利用料がかかります。

くじをひかせる人は、妙にテンション高く「ラッキーだ」「お得です」と連呼するが、これも典型的な口車野郎だという記載もみました。が、これも僕自身お話したわけじゃないんでこんど確かめてみようかしら。

そうそう、有線放送サービス……それ鰍tSE●じゃん。

横浜ベイスターズ買収騒ぎで名前が出てる鰍tS●N。

正確には、U●ENの代理店ということですが、実態はそういうことで。

そういう会社だとは、ぜ〜んぜん知りませんでした。不徳のいたすところ。
昭和のころから、電柱や電線を不法に事業に利用していると国会で長いこと問題になっていたことも(当時の社長が有罪くらったようだ)。

ちょっと調べただけで十分な裏とってないけど、火のないところに煙はなんとか。
なんか怪しい企業なんだな〜。

三木谷つながりの●SENか。プンプン臭う。
まともな企業が買ってくれるのならいいのだが。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ブック・オフの店先の抽選部隊って? 守成円蔵のちいさな世界/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる