守成円蔵のちいさな世界

アクセスカウンタ

zoom RSS オリックス・大阪ドーム買収合意

<<   作成日時 : 2006/04/08 00:41   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

破綻した三セクの大阪ドームに買い手がついた。

昨日、命名権のほうで「大阪ドームの改名は4月中」という記事を書いた直後ですが、どうやら5月以降にずれ込みそうですね。ん、6月か?変な買い物だな…
オリックス 大阪ドーム買収で合意 今月下旬にも調印

 会社更生手続き中の大阪市の第三セクター「大阪シティドーム」が所有するドームの売却問題で、管財人の再建案で唯一の買収企業候補となっていたオリックスグループが買収することで管財人と基本合意し、今月下旬にも調印することが七日、明らかになった。オリックス側は一時、管財人側の再建案に難色を示していたが、関西での知名度アップにもつながると最終的には判断した模様だ。

 管財人が三月下旬に公表している再建案は、オリックス側にドームを九十億円で売却、オリックス側は五−十年後に大阪市への寄付を検討するという内容。オリックスなどが計五億円出資する新ドーム社が運営を担当し、二十四日に予定されている調印時の文書では、この案の通りになる見込み。

 オリックスとの買収合意により、ドーム社は提出期限である五月二十四日に再生計画が提出できる見込み。京セラとの施設命名権契約の正式締結もそれ以降に前進することになる。

 再建策の進展により、新ドーム社にはオリックスが三億五千万円、関西電力、大阪ガス、近畿日本鉄道が各五千万円を上限に出資、他の企業や市民からの出資も求め、公共性を担保する。ドームには、二十年で九十九億円とされる修繕費がかかるほか、借地代は二十年で二十六億円かかるが、当面、この資金は新ドーム社が負担することになる。
 
オリックス側が買収する意向を固めたことについて、管財人側は「確認できておらず、コメントできない」としている。オリックスは「協議しているのは事実だが、現時点でお話しできることはありません」としている。(産経新聞 4月7日)

しかし、(命名権の)競売に唯一応札したMKタクじゃあ相応しくないというのは、本当のところどういう意味なんだろうかと勘ぐってしまう。

(追記)
そういや昨日の記事では、横浜・多村の活躍に触れたわけだけれど、今日(7日)は今日で風邪でダウンだっつうからもう…(1打席で交代したらしい)。打線は相変わらずシブチンで、走塁ミス(観てただけで本封2を含む3つミスが出た)もあった中で、モタモタしてるうちにやっぱり逆転されてしまった。拙攻だけでなく継投も不安。今の川村投手は点差の少ない場面ではとうてい使えない。嗚呼。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
オリックス・大阪ドーム買収合意 守成円蔵のちいさな世界/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる