守成円蔵のちいさな世界

アクセスカウンタ

zoom RSS 大家投手・突然左打ちで4打点!

<<   作成日時 : 2006/08/26 17:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

投手だからこその発想というかなんと言うか。驚いた。

「右で打てないなら左で打ってみようか」ってとこか。

その発想がすごい。
それを準備もして試合でやってみる度胸がすごい。
初めての左打席でタイムリー連発したのだからすごい。
素直に賞賛した周囲もすごい。(失敗してたらボロカス?)

ちょっと、タイムリー打撃妨害ってのがいかなるシチュエーションなのかイメージできませんが。
大家「遊びじゃない」初の左打ちで2適時打4打点!

前代未聞の奇襲作戦が奏功した。ブルワーズの大家友和投手が24日、ロッキーズ戦に先発登板し、右打者であるにもかかわらず、初めて左打席に立ち2打数2適時打。捕手のミットを叩く適時打撃妨害も含め、自己最高の1試合4打点を挙げた。マウンドでは6回途中まで被安打7、失点6で中継ぎにつなぎ、12−6で今季4勝目(3敗)を挙げた。

1点リードの2回、8番ミラーが敬遠されて無死満塁で迎えた第1打席で異変が起こった。右打ちのはずの大家が平然と左打席へ入ると、イチローのようにバットを回す仕草。初球にいきなり体勢を崩すような大きな空振りをみせたあとの3球目。鈍い音が響くとボールではなく捕手のミットが三本間に舞い上がり、追加点となる打点を挙げた。

2打席目は続く3回1死満塁の場面。またしてもよろけるような大きな空振りを2つみせた後の3球目。相手先発右腕フォグの投じた外角球をうって変わったように小さく合わせるスイング。打球は三遊間をゴロで抜ける2点適時打となった。

さらに大家の快打は続き、5回1死二塁からも中前適時打。今度は初球のボール球をしっかりと見極めたあとの2球目のチェンジアップをはじき返し、投手の足元を鋭く抜いた。

数日前から左打席の練習をする姿があったものの、初めての左打席とは到底信じられない活躍だった。大家の右打席での今季打率.087、打点2。大リーグ通算でも.130、打点11だった。

マウンドでは3回までパーフェクトに抑えたものの、甘く入ったところを痛打され、4回に2ラン、5回に適時二塁打、6回に3ランを浴び、5イニング1/3を被安打7だったが、マウンドを降りる際には地元ファンから絶大な拍手も。

「左打ちをはじめたのはもちろんヒットを打つため。いつから始めたかは、情けないから言いません。試合で左打席に入ったのは初めて。遊びじゃありません。楽しみと悪ふざけは違う。打撃妨害は狙ったわけではない。人をバットで叩こうと思ったことは1度もない」と大家。試合後は米メディアに一斉に囲まれた。

ヨースト監督は「ショックを受けた。左打席で練習しているのは知っていたが、試合でやるとは思わなかった。まるで打者のようだった。大きな打点だった。すばらしい」と驚きを隠せなかった。 (2006年8月25日 夕刊フジ)

そういや、こないだの横浜対巨人の佐伯のプレーは呆れた。

同点の9回表巨人の攻撃。1アウトから敬遠で満塁策を取り、内野前進守備・ホームゲッツー体勢で次の打者がまんまと一塁ゴロ。前進守備で捕球した佐伯は当然ホームへ送球すべきところをやらなかった。クルリして一塁を踏んでからホームへ送球。走者生還し逆転。佐伯ってルール知らないんじゃないかと思ったよ。魔が差したとかじゃ済まない凡ミス。

久々に口をあんぐり開けたぞ自分。

スタメン外されてますね・・・、同じムチャなら大家を見習って。

大家友和(おおか・ともかず)
右投げ右打ち。93年横浜ベイスターズ入団。プロ通算1勝で98年に退団し大リーグ挑戦。レッドソックス・エクスポズを経て2006年現在ブリュワーズ。年俸は上原や松坂より稼いでいるらしい。

>>投手だからこその発想というかなんと言うか。
投手じゃなくて、大家だから、か。
渡米の経緯といい、この人、読めないけど大胆に結果出すなあ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
大家投手・突然左打ちで4打点! 守成円蔵のちいさな世界/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる