守成円蔵のちいさな世界

アクセスカウンタ

zoom RSS 牛島も多村も横浜に必要だ。

<<   作成日時 : 2006/08/30 01:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

牛島監督退任&多村移籍か?と一部スポーツ紙の報道。

牛島監督の采配については、意固地な起用方法や投手交代のタイミング等々、あまりパッとしないなあ…という一面もあるけれど、新たなる四番村田をはじめ、ようやく若手主導に切り替わってきているのだから来年以降が楽しみだ。

だから、牛島監督は続投して欲しい。

僕は横浜という球団のフロントこそ、不信感がぬぐえない。外様監督が多いのは球団の歴史上いたしかたないが、あまりに登用と首切りにポリシーがない。森・大矢・権藤・山下(OB)・牛島。腰を据えてやらそうというより、頭を下げて(?)連れてくる割にはちょこっとやらせて首にする。

外国人のスカウトが弱い。今年は人材難のためやむなく国産打線というおもむき。現場首脳陣の苦労がしのばれるといっては偏りすぎか。代わりに、若手にチャンスが来るのがメリットでもあるけれど。横浜なんだから、中華街の華僑社会とつながりを持ち、台湾・中国から発掘してくるぐらいやってもらいたいものだ。

シーズン中に竜太郎と南を放出して左のワンポイント程度のことで山北をロッテから獲得するのも褒められたものではない。今のところ出て行った2人の活躍度合いも高くないようだけど、育成しかかった選手をよくまあホイと出すものだ。大家は特別にしても、横浜を出てから活躍する選手は、割と多い気がする。いいのか悪いのか分からないが、中・長期の人材育成はフロントがヘボだからできないのであって監督の責任ではない。

多村にしても、実働が少なくてファンもフロントもいい加減イライラしているのは分かるが、いちおうWBCで活躍した選手だ。「ポスト新庄で日ハムがリストアップしていることだし、トレードでいい選手と交換できるなら放出してしまおうか…」というのはあんまりではないか。見切るにしては、ちょっと判断が早すぎる。せめて、一度でいいから、横浜で通年働かせてからにしてくれ(永遠に無理なのか?)。


そもそも親会社がTBSという変なマスコミである…そんな不安定な状態では期待できない。僕は、妙ちくりんなIT企業に買われるリスクもあるけれど、それでもTBSに所有されているよりはマシだという立場を取っているので…。親の局(テレビもラジオも)は中継やってくれないんだし。まあ6チャンで中継しても数字は取れないが。それにしても先日の長野でやった主催試合の対巨人戦は、TBSテレビが中継して解説は巨人寄り。「TBS・横浜主催の巨人戦」のTV中継は別に珍しくないけれど、長野まで出かけていってコレかよ、と思うとやっぱりおおいなる矛盾であることがよく分かる。横浜球団もTBSも、結局どこまでいっても巨人戦に寄りかかった経営しかする気がないのだ。2年前までは球場のチケットも巨人戦だけ特別料金だったことだし。いっそtvkが買わないか?(ないない)

とにかく、行われるのは、また首をすげ替えるだけ…なのかと思うと、ウンザリしてきた。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
牛島も多村も横浜に必要だ。 守成円蔵のちいさな世界/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる