守成円蔵のちいさな世界

アクセスカウンタ

zoom RSS ハマの工藤誕生。

<<   作成日時 : 2007/01/19 20:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

工藤投手がベイスターズと契約。

はやくも「ハマの工藤」とか言われてますが、あれってニックネームとしては変ですよね。「ハマの大魔神」「ハマの番長」「ハマの速球王」「ハマのモンチッチ」とか、なんでもハマ風にしたがるのはわかりますが、「ハマの工藤」て。そのままじゃんか。

まあいいんです。これは、それだけやはり工藤は優勝を請け負って球界をまたにかける渡り鳥だってことの表れなんですね。西武の工藤を皮切りに、ダイエーの工藤、巨人の工藤、そしてこんどはハマの工藤ってわけだ。大歓迎です。青いユニホームがよく似合う!

よくぞ2億円減の9000万円で契約してくれました。
1軍で投げ続けて、オプションもそっくり持ってっちゃってくださいな。
<工藤公康>横浜と正式契約 年俸は2億円減額、史上最高に
(2007年1月19日 毎日新聞)

巨人から横浜に移籍した工藤公康投手が19日、横浜市内の球団事務所で入団交渉を行い、正式契約を結んだ。1年契約で年俸9000万円プラス出来高5000万円。年俸2億9000万円から2億円の減額は、昨年12月のヤクルト・古田敦也兼任監督の1億8000万円減を上回る史上最高減額。(金額はいずれも推定)。

背番号は、47番を譲ってもらうのかなやはり?と、思ったら球団のHPより↓(引用)。
工藤公康選手が正式にベイスターズの仲間入り。背番号は47。
横浜ベイスターズは工藤公康選手と契約を済ませ、入団発表の記者会見を行いました。

「横浜ベイスターズと契約ができて自分自身嬉しく思います。今は頂いた多くの温かい言葉に応えたい気持ちでいっぱい。僕の出来ることをやって、多くの期待に応えたい。全身全霊をかけてやりますので、応援のほどよろしくお願いします」と挨拶をしました。

ベイスターズ入団の決意は、アリゾナでトレーニングをしているとき大矢監督からのラブコール。「絶対に来て欲しい」と言われ「僕の野球人生が決まった」と胸のうちを披露。この日が来るのが待ち遠しかったとも語っていました。

若い選手へのお手本としても期待されていることには「何が出来るかわかりませんが、早くみんなとあいさつをして、交流して溶け込みたい。そこから生まれるものがあると思う」と、あくまでも自然体。

在籍した4チーム全てで優勝経験がある工藤選手。「勝つのが一番。優勝はみんなが目指すもの。日本一に向けて、大矢監督を胴上げすることが僕らの仕事。その頂点に向けてしっかりやりたい」と頼もしい発言。

横浜では「ハマのおじさん」と呼んでくださいと茶目っ気なところも。ハマの番長に並ぶベイスターズの2枚看板が楽しみです。

希望は「ハマのおじさん」だそうです。ちなみに47番をつけていた堤内が36に変更。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ハマの工藤誕生。 守成円蔵のちいさな世界/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる