守成円蔵のちいさな世界

アクセスカウンタ

zoom RSS 燕・石井投手1500奪三振。

<<   作成日時 : 2007/05/18 21:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

おめでとうございます。

ヤクルト・石井一久投手が1500奪三振達成。

正直、入団当初の記憶からすると、プロで長くやれる投手じゃないな・・・と思っていたけど、もうそんなに時間が経っていたのですか。速球派で鳴らして、大リーグを経て、帰国してからは変化球主体の投手に深化を遂げての達成。すごく価値のある記録です。

しかも、江夏を凌ぐ、史上最速の投球回数での到達達成。そうか、そんなに三振の取れる投手だったとは印象がなかった。とくに速球を捨ててからは。

で、水をさすつもりもなにもないのですが、この奪三振記録は大リーグ時代4年間の記録を含めていません。アメリカでは435奪三振なので、通算したら1500+435としても1935になります。1500どころじゃなくて、プロのキャリアとしてまもなく2000奪三振を迎えようとしているわけです。

野茂やイチローや松井など、アメリカ人は日本プロ野球での実績を組み入れて評価してくれています。その割に海をわたった日本人選手が新人賞の候補になりもするのですが。しかし、逆に日本が大リーグでの成績を通算成績に組み入れないのだとしたら、ちょっとスジが違うと思うのですがどうでしょうか?もっと広い視野で評価すべきじゃないか。明らかに、大リーグの方が実力は上なのだし。

日米通算2000奪三振を達成した暁には、2000は2000で祝福しないのかな?するよね?
「日本で1500」という区切りでこうやって騒いでるということは、しねーつもりか???


同夜のベイスターズは、やはり先発・吉見をアッサリと降板させ、継投で大失敗して逆転負け。試合を任せるという意味で先発させてるんだろうから、大量失点でもないかぎり5回は投げさせる前提でいないと、モチベーション上がらないんじゃなかろうか?磐石の中継陣だというならともかくとしてだが。那須野、高宮、ホセロでは・・・経験を積ませる時期なのだろうか???

あ、今夜も負けてた。ボロ出ちゃった?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
燕・石井投手1500奪三振。 守成円蔵のちいさな世界/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる