守成円蔵のちいさな世界

アクセスカウンタ

zoom RSS また大矢で負け。

<<   作成日時 : 2008/06/11 21:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

次のトレードがあるそうです。

大丈夫か?

投手を獲りたいんだろうから、打者を出すんだろ?まさか小池とか出すなよ?
横浜トレードまだやる…投手陣再編急務
(2008年6月11日 デイリースポーツ)

巨人・真田裕貴投手(24)と横浜・鶴岡一成捕手(31)の交換トレードが10日、両球団から発表された。正捕手・阿部慎之助(29)が今季故障がちで捕手が手薄な巨人と、12球団ワーストのチーム防御率が示すように投手不足が深刻な横浜の思惑が一致した。

巨人とのトレードで真田を獲得したのは、序章にすぎない。最下位からの巻き返しを狙う横浜が本格的に投手補強をスタートさせた。

チーム防御率4・77は12球団最下位。投手陣の再編成が最大の懸案事項だ。特に先発、中継ぎの整備が急務となっており、フロントは各方面でトレード交渉を進めてきた。

トレード成立第1弾となった真田について、村上忠則GM(58)は「いいシュートを持っているし、中継ぎで頑張ってもらいたい。まだ若いし、良くなる可能性がある」と説明。守護神・寺原へとつなぐセットアッパーとして期待を寄せたが、大幅な戦力アップにはならない。

さらなるトレード成立に向け、行動を起こすことも明らかになった。この日、デイリースポーツの取材に対し、若林貴世志オーナー(65)は「フロントには『投手を何とかしてくれ』と要請している。補強費が増えるかもしれないが、そのときは考える」と、チーム立て直しのため人的、金銭的出血を辞さない覚悟を示した。佐々木邦昭球団社長(61)も「即戦力のスターターを探している。相手があることだが、今月中に色々やってみる」と話しており、早期トレード成立に意欲的だった。

今の状況じゃ、対外的にもなにかをしないわけにはおれないだろう。それはいいが、使う監督がアレではトレードしたってダメなんだよ。

何今日のオリックス戦は?大矢って、バカ?

桑原が先発。味方打線が4回に一挙5得点で、5−0のリード。しかし中盤から攻撃がサクサクしだして嫌な予感がしてきた。こういうパターンはたいてい終盤にやられる。

問題は桑原の初勝利が見えかかった7回だ。1点返されただけで大矢はなんと桑原をマウンドから降ろしてしまう。100球を超えたところではあるが、だからなんなんだ。

で、2番手は「吉見」。まことに学習能力がない監督だ。

案の定吉見が2点目を献上し、後は一気に大矢の病気が出る。加藤、山北と、なんと1イニングで4人のピッチャーだよ。浪費もいいとこ。8回には無死からいきなりヒューズが飛び、8回無死ランナーを2人背負った状態から寺原を投入せざるをえなくなる。完全に、ピッチャー無駄遣いによる投手不足。これで寺原が逆転されてエンドだ。

本当に、大矢ってバカ。

トレードもいいが、早く大矢を降ろせ。選手を取り替えたって意味がない。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
また大矢で負け。 守成円蔵のちいさな世界/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる