守成円蔵のちいさな世界

アクセスカウンタ

zoom RSS 野茂ついに引退。

<<   作成日時 : 2008/07/19 13:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

日本球界の価値を高めた功労者。

野茂”パイオニア”英雄。

ありがとう。おつかれさま。

できれば、日本球界復帰を見てみたかった。獲得の意志ありと報道された楽天や横浜には期待したのだが、実現ならず。おそらく、客観的に見ても力が落ちていたということなのでしょう。

パイオニア尽くしで、体調整えてから「現役復帰」にも先べんをつけてもらいたいけど(笑)。クレメンスみたいに。

彼の活躍によって日本人大リーガーへの門戸が開かれたのはいうまでもない。アメリカへ渡って実力勝負、という世界を拓いた野茂は、王・長島を知らない世代の僕としては、ヒーローといえば野茂やイチローだ。

独創的なフォームから奪三振の山を築いていった彼の活躍は、アメリカ人にはとてもわかりやすかったことでしょう。私もワクワクして観たもんです。アメリカも込みでの200勝投手!2度のノッヒッター!国民栄誉賞モノ。

それから、打撃・守備でアメリカ人を魅了し続けるイチロー。名門ヤンキースでレギュラーを経験した松井秀喜。あいつでもできるんなら俺も!って感じで、大リーグへの心理的敷居を低くしてくれた新庄剛志。

この4人の功績は非常に大きい。野茂はその中でも別格。

なんたって、日本人大リーガーの活躍があってからは、少しはアメリカ人の日本人を見る目が変わってきたように思うのです。

輸出する自動車や各種電気製品のよさはアメリカ人も長らく認めるところですが、「日本人」に対してのいわゆるジャップとかイエローモンキーとか、キャブだとか、内心はいまだにそう思っていたにしても、「日本人ってどうやらそれだけじゃなさそうだ」「中には、すごいやつもいるもんだな」って見方もだいぶ出てきたのではないかと。

モノ、カネ、だけじゃない。ヒト。

やっぱし実地に乗り込んで来てやって見せる人間ってのが、評価されるんだな。
PKOにカネだけ出してても、ヒトを出さない限りはたいして評価されなかったのと通じる。

もちろん野球以外の分野でもアメリカで貢献してきた日本人はいくらでもいるでしょう。しかし、大衆性やわかりやすさという点で、日本人選手とりわけ「野茂英雄」の果たした功績はすごく大きいんじゃないでしょうか。

「野茂は最高の輸出製品」と評して日本を評価してくれた元大統領もいましたが、僕は、「比類なき外交官」とでも野茂英雄を呼びたい。

なんか彼が日本のプロ野球で指導者したり、解説者になったり、というのはちと違うな、というイメージ。従来の枠にはまらないこれからの活躍を、祈念したいと思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
野茂ついに引退。 守成円蔵のちいさな世界/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる