守成円蔵のちいさな世界

アクセスカウンタ

zoom RSS 日本プロ野球の慢心。

<<   作成日時 : 2008/08/23 22:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

五輪ピックの野球。

「金しかいらない」と望んだわけですが、それって選手を萎縮させるだけに終わったわけだ。

野球だけじゃなしに、日本は五輪となると選手に重いものを背負わせすぎる。リラックスして望める環境を用意させてあげればよいものを、逆にガチガチにさせてしまう。事前に金何個とか予想するやつはどっかへ行ってろ。じゃなきゃ、お前がやってみろっての。

WBCの優勝のあと、日本がメダルを取れずに終わった北京。でも、そのほうがよかったのかもしれない。完全に慢心していたのだよ。

イチローと、明朝の大沢親分と張本のコメントを聞きたい。


キューバとアメリカと日本、という中で金を取るということは、悲願とはいえ、どれだけ難しいことか。

正直、化け物のキューバに勝つのはなかなかタフなことだ。でも、2Aの選手を出してきたアメリカに負けたことはショックだった。

韓国に負けたこともショックだったが、でも、韓国は勝つにふさわしいだけの準備をしてきたのだと思う。日本戦だけでなく、全ての対戦国ともすばらしい試合を演じてきた。だから、韓国に拍手を送る以外には、ないと思う。兵役免除のエサはどうかと思うけども、一番タフだったのは、彼らだ。日本が勝てなかったのも、仕方がない。

星野の情に傾きすぎた采配とか、じじい佐藤のミス連発や、全くいいとこのなかった村田とか、批判することはいくらもあるだろうが、結論をいえば、日本のレベルがここまでだったということだ。それを受け止めて、精進するしかないよ。

韓国もキューバもすばらしかった。あの陣容の米国に負けたことが本当に悔しい。

でも、アメリカが敢えてあの陣容で望んだということはどういうことなんだろう?もはや五輪の野球には見切りをつけていたということなんだろうか?

巨人としてのイ・スンヨプは今季ぜんぜんダメだけど、これで遅まきながら復活かな?次のステージへ舵を切るのかな?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
日本プロ野球の慢心。 守成円蔵のちいさな世界/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる