守成円蔵のちいさな世界

アクセスカウンタ

zoom RSS 大矢監督続投…。

<<   作成日時 : 2008/09/09 19:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

あうう、おおおぅ、うぅ…。(嗚咽)

大矢監督が来季も続投 若手台頭を球団が評価
( 2008年9月9日 スポニチ)

横浜の大矢明彦監督(60)が来季も引き続き指揮を執ることが9日、決まった。大矢監督は同日、広島市内で「このチームが好きで、何としても強くしたいので(続投を)決めた」と話した。来季は3年契約の最終年となる。

今季の横浜は投手を中心にけが人が相次ぎ、外国人選手も不振。開幕直後から最下位に低迷した。球団内で後任人事を進める動きもあったが、8月からは若手の台頭が見え始めたことから、今月6日に佐々木邦昭球団社長が続投を要請していた。

大矢監督は「何としても来年は頑張らないといけないという気持ちを強くした」などと3年目の決意を語った。佐々木社長との会談では、来季の戦力構成やコーチ陣の入れ替えなども話し合ったとみられるが「シーズンが終わってから話をさせていただきたいと社長には言っている」と明言は避けた。

▼横浜・大矢明彦監督の話 自分にとってベイスターズはかけがえのないもの。チームの戦力を厚くしたい。敗因とかを含め、来年度のことは今季が終わってからでないと話が先に進まない。

▼横浜・佐々木邦昭球団社長の話 (要請を)引き受けてくれてうれしい。発展途上のチームにとって2年で結論を出すのは短い。(コーチ人事は)シーズンが終わってからになる。

▼横浜・村上忠則チーム運営部門統括の話 戦力補強、FA、ドラフトなどの戦略はいままで以上にしっかりとした構想を持ってやっているし、今季の検証もしている。そういうことについて大矢監督と意見をぶつけていきたい。

終わった。すでに、今季のエンドを待たずに来季も終わった。

続投を見極めて、三浦も相川も去ってしまうに違いない。

いいさ、ペンペン草も生えなくなるまで、見届けてやるよ。

つうか、いいかげんTBS降りてくれよ。そっからじゃないと何も始まらないよ。もう、巨人戦の放映権のメリットないだろ?そこまでして、生殺しにして1球団減らしたいのかよ・・・。日産買ってください。今の社会人のニッサンと選手混ぜていいから。楽天の登場時(近鉄の2軍+オリックスの2軍)みたいなもんだな。それでもいいさ。感じる可能性は無限大、横浜ベイスターズ改め「横浜インフィニティ」なんて感じで。オーナシップを、シフトせよ。

フロントやコーチの粛清については、どうなっちゃうんでしょうか。最悪、ナアナアのままこのままいっちゃうような気がします。横浜の人間(球団のことじゃなくて、ハマっ子という意味では)は、どっちかというとさっぱりというか冷たいというかドライな面もあるから、大矢続投に特に半旗(「反旗」ですね。気分的には半旗ですが)が翻されるわけでもないだろう。たぶんこれが大阪だったら、暴動のひとつでも起きているはずである。この点においては、大阪ファンがうらやましい。いや、暗黒時代の阪神ファンも、冷め方という面では今の横浜ファンと大差なかったんだろうけれども。

せめて1年後のいまごろは、「あのときあんなこと言って御免!まったく期待してなくてゴメン!」と反省しているような自分でありたい。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
大矢監督続投…。 守成円蔵のちいさな世界/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる