守成円蔵のちいさな世界

アクセスカウンタ

zoom RSS 甘えんな、日本!

<<   作成日時 : 2009/02/17 21:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

クリントン長官、来日。

ホワイトハウスへの招待は、日本の首相が世界初・・・

それより麻生総理、首がつながってるのはあと何日なのよ?ホワイトハウスに行くまでもつのか、もったとしてもオバマさんに会う価値があるほど長持ちするものなのか?いっそのこと、小沢氏に挨拶しにいってもらったらどうなのか?

しかしね、アメリカに始めに招待される。日本がそう扱ってもらえるうちは、ありがたいんだよ。でも、そんなことにうぬぼれるな、日本よ。調子乗ってると痛い目にあうぞ。最初かどうかなんて、どうでもいいことなのだ。

中国首脳と相まみえる前の、軽いジャブ代わりさ。国際政治の経験浅い、オバマさんにとっては、初対面は日本ぐらいがちょうどいいのさ。

しかし、拉致問題。クリントン夫人は協力を約束してくれたというが、どうなんだろね。本音としては、徹頭徹尾「それぐらい自前の外交努力でなんとかしろよ」じゃないだろうか。

僕だって思う、なんでアメリカにお願いするのかと。日本政府はなんで何もしないのか。僕はその一点だけでもピョンヤンに自ら乗り込んで黒髪豚野郎に謝罪をさせた小泉さんを評価するタイプだけど、アベ氏にしてもフクダ氏にしてもアソー氏にしても、拉致問題に関して何をしたのよ?自前でなんとかしろよ、って思う。

そこへ来て”酔っ払い”中川お大臣の全世界へ向けたあの失態さ。酒を飲んだのかどうかは、問題じゃないんだ。大臣として、理由はなんであれ、あの醜態を全世界に配信させた罪が、問題なのだ。薬の飲みすぎであっても、酒であっても、そんなことはこのさいどうでもいいのだ。切腹もののミスだぞあれは。本人もそうだが、押さえつけてでも会見を欠席させるべきだった側近たちも問題だ。いや、それすらできなかったのであれば、やはり中川氏は筋金入りのアル中なのだきっと。今回に限ったことではなかったからこそ、周囲が止められなかったとみるべきだ。

切腹とは拙者申したが、なにも死ななくてもよい。首つったこないだの農水大臣のようでは困る。さっさとやめさせてやった麻生首相の判断はただしいのだ。首相になって、はじめていい判断した。やめさせなかったら、たぶん死なせていたぞ今回も。

とにかく、相当危機感持って国政運営しないと、本気でやばいぞ。後任のいない自民党は、また当面下野しないといけないかもしれないな。小泉さんのいってた「自民党をぶっこわす」って、こういうことだったのかな。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
甘えんな、日本! 守成円蔵のちいさな世界/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる