守成円蔵のちいさな世界

アクセスカウンタ

zoom RSS 目覚めの日本vs怒れる韓国。

<<   作成日時 : 2009/03/09 00:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

9日は7日に続く日韓戦。

日本との敗戦のフラストレーションを思い切り中国にぶつけて韓14-0中とコールド0封してみせた8日の韓国。虎もおおいに目覚めたことでしょう。そこで、9日のWBC東京ラウンド天王山。一位通過を決める試合が迫りました。

互いに一切の留保なし、ガチの戦いが見れそうです。

キリキリいうような投手戦ではなく、殴ったら殴り返すような打撃戦になるような気がします。

ケチをつけるつもりはありませんが、国際大会のたびに韓国チームがやってる「勝ったら兵役免除」ってやつ、あれは相当なモチベーションになるんでしょうけど、スポーツにそれを持ち込むなよ、と毎回言いたくなる。北朝鮮サッカーの「負けて帰ったら死刑」よりはマシですが(本当なのかな?)。

その兵役免除を、今回のWBCでもやってるんだかどうだか。とにかく、ニンジン抜きでのガチ対決で見てみたい気がします。

韓国戦のような、「村田4番、内川起用」でいくのか、「稲葉4番、内川ベンチ」なのか、興味深いところであります。原監督はノッてくれそうな内川を起用しそうな気がしますが、アメリカでの試合を考えると稲葉のエンジンを温めておきたいところでもある。次は負けても、先があるからね。

とにかく、楽しみです。


【試合後、追記】

いやあ、上のように書いておきながら、実際はキリキリの投手戦でした。韓1−0日で敗戦。ただ、内容としては双方ともスキが結構あったのではないか。韓国は牽制死や封殺など、走塁のミスが多すぎてチャンスをつぶした(むしろ、日本の守備は良かった)。日本は先頭打者に与えた四球が多すぎた。これ、やっちゃいけないこと。実際にそこから決勝点を許した。もちろん、1点も取れなかった打線が一番の敗因であったことはいうまでもない。

※兵役免除について:韓国内でも批判があるらしく、今回は対象外らしい。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
目覚めの日本vs怒れる韓国。 守成円蔵のちいさな世界/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる