守成円蔵のちいさな世界

アクセスカウンタ

zoom RSS 腕時計のバンドの洗浄。

<<   作成日時 : 2009/05/14 10:08   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

金属の、本革の、合皮の。

いろいろあって一概にはいえないだろうが、僕の場合は金属。長年の汗でどうしても臭くなる。

たしか、これを洗浄・消毒してくれる商品があったかと思うのだが、お店でめっからないし(売り場が何売り場かもピンとこない)、検索してもそういう商品が出てこないしで、なかなか苦労している。

イメージとしては、入れ歯洗浄剤(←使ったことないが、CMで見た程度)みたいな感じで、水に入れるとシュワーと発泡してそこに時計のバンド部分が一定時間浸かるようにしとくやつ。防水時計じゃない場合はバンド以外の本体を水につけないようにしろ、とか、そんなやつがあったと思うんだがなあ。

住宅用の一般的な洗剤でもスプレーしちゃおうか?

なんか、100均でふつーにありそうなんだけどなあ。

【結論めいた後日談。】

100均にもなけりゃ、ハンズでも見つけられなかった洗浄グッズ。時計の修理屋さんで訪ねたところ、そういうものもあったにはあったが、普通に中性洗剤で洗えば大丈夫ですよ。とのこと。ただし、とくべつ防水仕様でもない限りは、本体をぬらさないようにバンドだけ洗剤を吹き付けて、ちょいと待って、ぬるま湯の中でふりふりすれば汚れは落ちるらしい。その後はタオルでよく拭き取って、乾燥させることが大事らしい。まじかよ。

ということで、我が家で手近にあった泡タイプの風呂用洗剤をバンドにふきつけ、しばし待って、ぬるま湯の中でふりふりした途端…

なんじゃこりゃああ!!!

と松田優作もびっくりな黒い液体になった洗面器の中。俺様はこんなに汚れていたのかあ!!!いや、きっとこれは化学反応なのだ。汚れてではないのだ。などとむなしく自己弁護などはかりつつ。いや、どーでもいいのだきれいにさえなれば。しかし、真黒な液体を見てしまうと、(金属製の)バンドの定期的洗浄の必要性を痛感するばかりか、皮みたいな丸洗いできないバンドは絶対にこの先できないな、と決心させるほどの効果でした。

おかげでバンドはいまはすっきりしてます。多謝。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
腕時計のバンドの洗浄。 守成円蔵のちいさな世界/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる