守成円蔵のちいさな世界

アクセスカウンタ

zoom RSS 足利事件で警察が謝罪。

<<   作成日時 : 2009/06/17 15:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

栃木県警が菅家さんに謝罪した。

それは良かった。しかし、事件当時に子供だったかもしれない(←そんなに本部長さんもお若くはないな。事件当時の直接の当事者ではない、という意味ね。)県警のトップが謝っただけでは怒りもおさまるまい。だけど、役割上、あやまらなければならない人の筆頭である。とにかく菅家氏にとっては、すべてを許したわけではないがひとつホッとした、というところではないでしょうか。

で、このニュースを見ていて判然としない点がひとつある。なんでマスコミはそういうことをちゃんと伝えないのか?

それはなぜ、県警本部を菅家氏が訪れて謝罪を受けているのか?ということ。

「謝ってやるから出向いてこい」という警察の傲慢さなのか?

普通の神経だったら、謝るほうが出向いて謝るものでしょう。警察のメンツのためには、そこまで出来ないってか。

…という邪推を視聴者に与えるおそれもある。

なにか他の理由があるのかもしれない。

ひょっとしたら、長い服役をしていた菅家さんには謝罪に来てもらうべき家がないのかもしれない(ご両親もすでになくなっている)。仮に、一時的に身を寄せている家があったとしても混乱を避けるためにあえて自分から警察へ出向いたのかもしれない。

そういうことも、テレビとかにはちゃんと伝えて欲しいんだよね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
足利事件で警察が謝罪。 守成円蔵のちいさな世界/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる