守成円蔵のちいさな世界

アクセスカウンタ

zoom RSS エスカレーター。

<<   作成日時 : 2009/09/25 21:57   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

エスカレーターの片側を空ける習慣。

あれがどしてもダメな私。

そんなに急ぐのなら、階段を走っておくれよ。

不文律の中で「左に寄って、右を開けておけ」(←関東バージョン)というのは、すごく傲慢なハナシだ。いつ誰がいったいそんなことを、決めたんだ。それって、マナーなのか???ちがうだろ?

それもアレだ、駅の中だけならまだしも、いまではデパートとかどこ行ってもそういうことになっている。僕は、わざとってわけではないけれど、「アレは駅でのルールでしょ?ここは関係ないでしょ?急ぐんならエレベータ使いなよ」というメッセージを込めて、駅以外ではあえて右側とかどまんなかに立ちます。買い物中なんだから、思い思いにエスカレータに立ちたいわな。

で、エスカレータを歩いて登る奴のほうが、自分が正しいみたいな顔して「チッ」とか言ってんのね。あの勘違い、やめてよね。

しかしだね、この妙なルールは単純に考えて、エスカレータの輸送力を半減させてはいまいか。昔は、アカの他人が真横に並んでいても気にしなかったっけ?もう忘れてるよ。しかし、家族連れや仲間連れやカップルは並んでまとめて乗ってほしいのだ。それを、今はいちいちひとりずつ乗るもんだから、駅に電車が到着したあとのホームにエスカレータ待ちの人たちがあふれることあふれること。ゆっくり乗りたいのにさ、右側レーンの人波に入ってしまってやむなく歩行させられたり。なんか、立ち止まってる方が悪になっちゃうの、納得いかないよな。

待つの馬鹿らしいから僕は階段へ向かうわけなので健康にはちょうど良い。

もちろん、ラッシュ時は右側レーンを歩いていく人も勘定に入れれば輸送力は上がってるんだろうけど、くりかえし言うとおり、そういう奴は階段で急げ。

駅やメーカー側も、「安全上、エスカレータで歩行するな」って(もっと)アピールしないと。いつか事故が起きて、利用者と施設所有者とメーカーとの間で責任問題のなすりあいになること請け合い。

というわけで、勇気を出して、エスカレーターの右側で立ち止まってみませんか?

いやいや、便利だかやとか楽だからとかでやってんじゃなくて、実際は「長いものには巻かれろ…」と、日本人的なところが特徴的に出てる場面なんだろな、あれは。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
エスカレーター。 守成円蔵のちいさな世界/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる