守成円蔵のちいさな世界

アクセスカウンタ

zoom RSS トヨタは電子制御の欠陥なの?

<<   作成日時 : 2009/12/01 11:09   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

基本のとこでひっかかるんですよね。

米国トヨタの、例のフロアマットのせいでアクセルがききっぱなしのリコール。

ブレーキ踏んでも車が止まらないんなら、マットの問題じゃないんじゃないの?という単純な疑問を持った人は、僕だけではないはず。

マットはブレーキが踏めないようにもひっかかっていたのか?それにしても。

サイドブレーキ使ってもなんとも反応しないのか?

じゃあ、もしかしたらマットの交換どころじゃ済まないんじゃ?

ニュースでこのやりとりを音声で聞いた方も多いと思いますが。↓
フロアマットがずれて減速できず4人死亡、トヨタ380万台リコール
(2009年10月1日 共同通信)

車の運転席のフロアマットがずれてアクセルペダルに引っかかり、減速が出来ずに事故死したケースが相次いでいることがわかり、トヨタ自動車は米国で販売されているハイブリッド車『プリウス』など7車種計約380万台をリコールする。過去最大規模となる見通し。

参考によると、フロアマットの不具合が関連した衝突事故はこれまで17件あり、うち5人が死亡したという。時速190キロで交差点に進入し4人が死亡した衝突事故の直前、「アクセルが制御できなくなった」と通報するドライバーの生々しいやりとりも報じられている。

トヨタは所有者に対し、もし運転中にアクセルが戻らなくなった場合、両足で強くブレーキペダルを踏み、ギアをニュートラルにしてエンジンを切るよう説明。問題のフロアマットは米国仕様のもので、日本車についても問題がないか調べるという。

通信指令係「こちら緊急電話番号です。どうしましたか?」
通報者「アクセルが動かないんだ。トラブルが発生した。ブレーキも効かないんだ」
通信指令係「わかりました。車を止めることができないんですね」
通報者「交差点が迫っている、交差点が...。つかまって! 祈って...」

で、こういう記事もようやく出てきました。
トヨタ車、電子制御装置に欠陥か=米紙
(2009年11月30日 時事通信)

29日付の米紙ロサンゼルス・タイムズは、トヨタ自動車が米国で販売した車のアクセルペダルがフロアマットに引っ掛かり事故を引き起こす恐れがあるとされる問題で、フロアマットではなく電子制御装置が加速などの原因となっている可能性があるとの見方を伝えた。

同紙は2008年型の小型トラック「タコマ」を運転していた家具職人の例を指摘。今年10月にカリフォルニア州内を運転中、突然加速を始めたという。同紙によると、このトラックは以前にも突然加速するケースがあり、数カ月前にトヨタ・ディーラーのアドバイスを受け、フロアマットを取り外していたという。

トヨタはこれまで繰り返し電子制御システムに問題はないと説明している。米道路交通安全局(NHTSA)当局者も電子制御上の欠陥は発見されていないとしている。 

ちょうど1年前に、09年はトヨタの経営が傾くと予想していた人がいましたが、まさか上得意さんの国で安全神話が揺らいで売上やコストに打撃を受けるとはこちとら考えもしませんでした。

日本経済ともつながる部分ですからね…うまく乗り越えて欲しいです。アメリカの人たちにも、安心して日本車に乗ってもらえるようになってほしいです。

コンピュータ化もいいけれど、昔みたいに普通にマニュアル式で「機械」な車があったんだから、それでいいじゃん、と思う私。コンピュータって、狂ったらおしまいだもんよ。そういうよくわかんないシステムに身を任せたくないと思うのは、古いでしょうか。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
トヨタは電子制御の欠陥なの? 守成円蔵のちいさな世界/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる