守成円蔵のちいさな世界

アクセスカウンタ

zoom RSS 小林繁氏の急死。

<<   作成日時 : 2010/01/19 14:12   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

ご冥福をお祈りします。

いつまでも「江川事件の」「江川問題の」という枕言葉がついてまわった小林繁さん。

僕はこの江川事件をよく知らなくて、「阪神から1位指名されたのに、江川が巨人に入りたくて裏で手を回した事件」だとばかり、よく考えずにそう理解していた。

いや、江川だって被害者なんだよな。

なんか、「江川事件」じゃ、江川がたくらんで起こした問題みたいに聞こえるんだもん。ほんとうは絵図を書いたのは、巨人という球団でしょ?ネーミングが悪いよなあ。まあ、江川がドラフトかかってもさんざん拒否してきた過去や、例のふてぶてしく受け止められかねないあのキャラが格好の批判対象になったというか。

江川が今回「僕の中ではずっと終わっていない問題」とコメントしたように、こういうのって、人生あとあとまで引くもんなんですね。


以下、にわかで調べてみて初めて僕が知ったこと。

江川卓は高校のときに阪急から1位指名されて断って。
大学のときに西武から1位指名されて断って。
それでアメリカに1年留学して翌年のドラフトを目指して。
(↑社会人野球に進むと2年後じゃないとプロになれないため。元木もやってた手法)
で、翌年に阪神から1位指名されて、ここが「江川問題」の舞台となる。

まっとうに考えれば阪神が獲得交渉権を持つのだが、巨人が当時の規約の盲点をついてこのドラフトの前日に江川と契約をしてしまった。ドラフト前々日までは前年ドラフトの西武が交渉権を持っているが、ドラフト前日だけフリーとなる。アメリカ留学中の江川はドラフト対象外なので、契約しちゃってOK・・・というのが「空白の一日」と呼ばれる巨人の勝手な(あるいはすぐれた)解釈。

そうは問屋がおろさねー、ってわけで球界を巻き込んだ問題となって、落とし所としては「巨人の小林繁」と「阪神の江川」をトレードして落着した。(江川は形式的に阪神に一時在籍したことになる。背番号3だったらしい。)

ちなみにトレードと書いたが、交換トレードでなく形式的に「金銭トレード」で、阪神は巨人から金銭で小林を獲得し、江川については巨人に譲ったことになっている。

以上、今回の報でようやくしらべて理解したままに記す。まちがってたらごめんね。


ちなみに、僕は巨人のユニフォームを来た小林繁を知らない。小林繁というのは「阪神の小林繁」だと理解している。まあ、むしろ現役引退した後のほうしか覚えていないんだけれど。

巨人のキャンプに向かう道中に「お前阪神いけ」と言われた小林繁。心中はいかばかりか。しかし彼はグチらず腐らず潔かった。”江川問題”を見る上では、思わぬところでさまざまなエゴの犠牲になった時に、彼の見せた姿勢にこそ焦点を当てたい。

合掌。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
まさに衝撃の訃報でしたよ・・・(T_T)
巨人時代から小林さんの大ファンで、
彼のトレードとともに、阪神ファンになった私。
引退後はいろいろ、金銭問題もあったようですが、
TVでチラチラとコーチ姿を見ては、喜んでいたのに・・・

会えることなど多分ない人でも、"どこかで元気にやってる"というのと、"もう二度と姿は見られない"と言うのでは全然違うんだと実感してます。
kinta
2010/01/20 09:03
小林繁の移籍で巨人から阪神ファンですか。
駒田のFA移籍で巨人から横浜ファンになった私とダブり?ます。。。

話は関係ないのですが、掛布はいまだに江川に「お前も8時間だけ阪神にいたんだからOB会に出席しろよ」と楽しい冗談を言ってるそうです。
円蔵
2010/01/22 16:28

コメントする help

ニックネーム
本 文
小林繁氏の急死。 守成円蔵のちいさな世界/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる