守成円蔵のちいさな世界

アクセスカウンタ

zoom RSS きむよな。

<<   作成日時 : 2010/02/27 12:41   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

金メダルおめでとう。

僕はね、マオちゃんよりもキムヨナのほうが好きなんですよ。一度非国民扱いされたので口には出さないのですが。彼女は演技として魅せるものを持っているし、色っぽくなってきているし。リングの外だとまだまだガキっぽい顔なんだけど、氷の上では凄いものがありますね。

その彼女がバンクーバーの銀盤で完璧な演技をした。マオちゃんはミスが出た。その結果でキムヨナが金、マオちゃんが銀という結果は当然のものです。キムヨナの演技は素晴らしかったのでしょう(ろくに観ていないのですが)。

マオちゃんは大技を決めた。より高いレベルの技術に挑んだ。これ素晴らしい。ただ、一連の動きの流れの美しさ、表現力としてはキムヨナが圧倒的に上に来ている。最後のバーン、ってやったあの決めポーズは、卑怯なぐらいに魅力的だ。あれは、マオちゃんには醸し出せない世界。

まあ、あの競技はショーとして魅せればいいのか、それとも技の完成度を競うのか、いまいちわかんない。今回のメダルの順位に異論はないが、金と銀の間に横たわるあの得点差がはたして妥当なのかどうか…

ま、映像でロクに観てないんで、言えないですけどね。

ちなみに環境の差もおおいに研究してほしい。マオちゃんは貸し切りリンクでひとりで技を磨いた。いっぽうキムヨナは男子選手が練習するリンクでもまれながら練習してきたらしい。変な話じゃないが表現力の点では男の視線があってはじめて磨かれる部分もあろう。それと、体力的に上の男子たちと同じ環境で練習することも大きいんじゃないか。コーチも自らスケート靴はいてリンクに立ちながら指導するらしいね。リンクの脇からやいのやいの言うコーチングスタイルが悪いとは言わないが、違いは出るものだろうね。

金ありきで期待する国民感情ははっきり言って大嫌いですが、韓国人のことは韓国人のことなので僕はどうでもいいです。でも、大変なプレッシャーと戦っていたんではないかな、ヨナ。それであの結果、素晴らしすぎだよ。一説には「ジャッジが韓国寄り、カナダ寄り」という意見もあるらしいが、キムヨナはそういうものがあってもなくても金だったんじゃない?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
私はとても不器用です、二つのことを同時進行させることが苦手で、それで何度も失敗したり、痛い思いをしてします。
なので、観る事と聞くことを同時に発するテレビが苦手なのです。あとは、ウケ(うれ)線ねらいのみえみえな興味本位をねらって騒ぐマスコミが一番苦手。

でも、オリンピックフィギアスケートは、親友(看護学校の先生をしている)まるで、実況生中継のような感動を電話で届けてくれるので、気になり、フィギアスケート女子だけは、ダイジェスト版で、パソコン音無しで観て見ました。(なぜ音無しなの?って、観る事に集中したいからというとかっこいいけど現実は音が出な
い状態。ミュートなわけでもないのに?)

浅田真央(あら、漢字まちがってたらごめんなさい)さんは雑誌などで顔がわかっていたのですが、そのほかの選手はまったくわかりません。

そんな中、女王様のようなプライドをたたえた風格ある美女が現れました。ええ〜!!誰これ!?

すべりも素晴らしく、第一印象にふさわしい堂々としたスケーティングでした。

彼女は金を取りました。

3位(銅)の女性は、最後に空に向かって感謝のキスをしていたのが一番印象的でした。

ははぁ、生まれがカナダだから、おそらくキリスト教徒なのかな?見守ってくれる神様に感謝のキスを届けたんだなぁ。。と
、勝手に解釈しておりました。

このメールを打っていたら、ラジオから、彼女を取り囲む状況が流れてきました。彼女のキスは、天国で自分を見守ってくださっていた、お母様への感謝
のキスだったことに、気がつきました。

プロって、頂点を極め、愛するものたちの思いとパワーってすごいね
イブニングシー
2010/03/07 07:50
キムヨナは風格出てましたね。マオちゃんは、正直いって風格なかった。色気もなかった。文句なしのキムヨナの金メダルでした。マオちゃんは次のソチ五輪へ向けてがんばれ。
円蔵
2010/03/08 21:50
同じ女の目線から申し上げるならば、色気とかって、持ってる人は小学校の頃から、お持ちだし、年頃だから出てくるとかいうものでも、ないんじゃないかと。

ただ、いろいろな経験を重ね、それから逃げずに正面から向き合っていくと、どんどん顔つきも変わってきます。

浅田真央ちゃんが、どんな女性になっていくのでしょうね。

あ、円蔵さん、話変わるけど、年上の女性の方が、いいと思います、お付き合いするなら。
イブニングシー
2010/03/09 16:23
どうなんすかね、むかし年上の女性にコテンパンにやられたトラウマが…臆病になっております。
円蔵
2010/03/10 09:52

コメントする help

ニックネーム
本 文
きむよな。 守成円蔵のちいさな世界/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる