守成円蔵のちいさな世界

アクセスカウンタ

zoom RSS 銅メダルのフィギュア高橋と…

<<   作成日時 : 2010/02/19 19:47   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

…ご武運のなかった織田君と。

男子フィギュアスケートとしては日本人として史上初のメダルだそうで、おめでとうございます。ウインタースポーツ嫌いの僕(とくにスケートリンクにはトラウマがございます)はバンクーバー冬季五輪にまったく興味が湧きません。

でもね、技術と「美」を競う種目で日本人男性が世界に認められるというのは大変なことです。こと、美にかけては日本人女性は世界に通用するものをたくさん持っています。しかし、アジア人の男性は基本的に西洋人受けしません。たいがい見た目も体格も貧弱で貧相でちっちゃくて。日本人男子なんてアジアの中でも最悪のほうじゃないでしょうか(島国ですから遺伝的にサイズがちいさい)。

そういう中で認められるというのは相当なものです。もちろん、技術点(?)だけで勝利したわけじゃなくて総合的な得点での銅メダル獲得ですが。とにかく私はすごくこの受賞を評価したい。


いっぽうで、ご武運なき織田信長の末裔ですが。

靴紐が切れて、それも競技前に切れてるの知っててほどけて、失速。

信長公がその場にいたら、どうなるんでしょうか。普通に怒りを買って斬られてそうです。

戦しててカブトの緒が切れたからちょい待った、てわけにはいかんもんね。まして、切れてんの分かってんだとしたら、戦人としてどーなのよ?

思わずコンタックの花粉症のCMを思い出しましたが、くしゃみした瞬間、ズバッ!ってね。

いや、信長にも本能寺の変がある。事前に分かっててやらかしちゃうのが、織田家のサガなのかも。

…というようなたわいもないことを、たぶん今夜は日本のあちこちでたくさんの人が想像してしまうに違いない。まあ、がんばれ織田信成。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
銅メダルのフィギュア高橋と… 守成円蔵のちいさな世界/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる