守成円蔵のちいさな世界

アクセスカウンタ

zoom RSS 中国広州への旅9【ビール】

<<   作成日時 : 2010/04/26 18:53   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

その地の酒を飲むのが旅先の楽しみ。

出来ることなら往きの飛行機からして日系じゃないのに乗って、雰囲気を味わいたい。まえ、成田からアエロフロートロシア航空に乗ったときにウクライナのビールがサービスされたときには感激した。日本じゃなかなか飲めないもん。

さて、今回の中国はメーカーが大小乱立している国。ここんとこかなり淘汰されてはいるようだけど。味はともかく、いろいろ楽しめそう。

ホテルにチェックインして一休みして、ぶらぶらと散歩がてらビールを買いに出る。と称して、自分のこれから数日先までの生活圏がどうなってるのか「調査」するのだ。

個人商店やちいさなスーパーで冷えたものが普通に入手できるようになっていた。普通に冷えてる。これができなかったんだよいままでこの国は!

値段は、350ml入り1缶で3元とか3.5元くらい。日本円で50円程度ってことか。高い!(と現地のヒトはまだまだ思うだろう。いやはや、日本から来ると天国ですな。1/4くらいの感覚か。)ただしアルコール度は4%に満たないものが多かった。

ホテルの部屋の冷蔵庫で冷やせるので、買えるだけ買っては夜の部屋で飲みまくる。珠江、青島、燕京などのブランドをよく飲んだ。

パイナップルビールというのが流行りだったのか、1元そこそこでたたき売りされていた。きっと売れなかったのだろう。飲んでみたけど、酒って感じがしない。アルコール1%ちょいくらいだったか。ビールというより炭酸のパインにアルコールたらした程度のもんだよな。うっすーいパイン味の缶チューハイだと思えばいいじゃん?

で、今回は焼き餃子をテイクアウトしてきて部屋でビールでいただいた。(淋しいとか言うな)

ん?たしか中国人は餃子を焼かないはずじゃなかったのか?ところが日本式の逆輸入なのか、焼き餃子を売るテイクアウト店をけっこう見かけた。なぜかたこ焼きの店も多く見かけた(日本式、と書いてある)。

うーむ、若い子はだいぶ柔軟になってきてんのね。

広州で食べた焼き餃子は?ん、それなりにフツーにうまいから驚いちゃう。

かくてビールは進むのであった。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
中国広州への旅9【ビール】 守成円蔵のちいさな世界/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる