守成円蔵のちいさな世界

アクセスカウンタ

zoom RSS 大家カムバック!

<<   作成日時 : 2010/04/07 10:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

↓こんなことを先月書いたら…

http://enzo.at.webry.info/201003/article_9.html

現実になった!
大家投手を獲得へ、来季も見据え積極策/ベイスターズ
(2010年4月7日 神奈川新聞)

大家友和投手が古巣に復帰することになった。「メジャー挑戦」という夢を追い掛けて日本を飛び出した右腕が、十分な実績を手に、横浜に帰ってくる。

大家の大リーグへの移籍は、1998年はじめにレッドソックスの選手とのトレードが内定していたが、日米間のトレードが凍結されたため、一時は立ち消えになった経緯がある。

横浜は「メジャーに挑戦したい」という大家の夢を尊重する形で、同年オフに自由契約とし、レッドソックスとのマイナー契約に至った。

国内で移籍先を探していた大家が横浜に復帰するのは自然な流れで、球団幹部は「(大家は)相当、やる気を持っている」と、活躍を期待している。

◆待たれる補強の成果
前例にないシーズン開幕早々の大型補強。横浜の球団フロントは現状を踏まえた上で、素早く次善の策を打った。うかがえるのは、早くも来季までを見据えた姿勢だ。

シーズン開始後に、日本ハムから江尻を獲得。第2弾の大家は、米通算51勝の元大リーガーで、球団は複数年契約を結ぶ見通しだ。

球団幹部は、「今季をあきらめているわけではない」と前置きした上で、「来季は、三浦、清水、寺原に大家を加えた4人を投手陣の柱と考えている。今からやらないと。補強は、短期的、中長期的にやらなければ」と、意図を明かす。

今季は、エース三浦が調整不足で開幕に間に合わず、先発投手陣が苦戦している。一方で「寺原、清水はここまでの内容が良く、(先発の軸として)回ってくれそう」(球団幹部)との感触も得られている。大家を加え、さらに藤江、小林太ら若手の台頭を待って、“勝負の2年目”の底上げを図るという狙いがみえる。

昨オフ、横浜は尾花監督、加地社長を筆頭に体制を刷新した。目玉のスレッジを含む計12人の新戦力を迎え入れ、ここまで、外国人の活躍などで打線は好調だ。

誤算があれば積極的に軌道修正し、戦力を整えようと試みる姿勢が、この時期の補強に表れた。もちろん、大家の今季の活躍も期待されるが、新フロントの対応力の成果がまたれる。

大矢じゃないですよ、大家ですよ。お・お・か。

監督が尾花さんに代わっても、これだけ補強しまくっても、開幕からベイスターズはなかなか勝てない。どれだけ暗黒なのか。とはいいつつ、なかなか明るい兆しに満ちているのが今年の横浜ベイスターズ。

が、開幕から連敗しまくりでハヤ終戦とかいう暗黒の記憶…に比べればはるかにマシであり、打線はなかなか好調であり、負けるにしても接戦が多い。まだまだ望みは持っていい。…いい、、、よね。。。

ただ、先発と抑えはどうやったって危うい。20安打以上してサヨナラ負けしたあの試合なんか、いいかげん力抜けちゃったよな。それに、連日フル回転の中継ぎだってまもなく疲弊してくるのは目に見えている。

そこで大家の加入なんだから、頼もしいことこれ以上ない。この時期だから、外国人探してくるか、足元見られるの承知でバッター放出してトレードしてくるしかないもんな普通。

古巣へようこそ!大家!

ちなみに、今週中には来日するいま日本にいるらしい。日ハムから来た江尻みたいに、即、先発登板だったりして。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
大家カムバック! 守成円蔵のちいさな世界/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる