守成円蔵のちいさな世界

アクセスカウンタ

zoom RSS 中国広州への旅1【成田は遠い】

<<   作成日時 : 2010/04/10 20:33   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

久々に中国へ旅行しました。

道中最もかったるいのが…神奈川県内から成田空港までの道のりだったりする。

JRの成田エクスプレス(おトク感がないし大船か横浜のヒトぐらいしか…)か、快速エアポート成田(通勤客と一緒になったら厭)か、神奈中の空港バスか(時間が合わなかった)、横浜のYCATからリムジンか(本数は豊富だが横浜まで行くのか…)、かなーり悩んだ。

これらの選択は、フライトの時間にも依る。今回の往路は、僕の家だと当日移動なら朝4時起きでタクシーでの最寄り駅までの移動になる。が、こういうキツキツのプランだと、ちょっと寝坊しただけで飛べなくなるかも知れない。ということで、少々はずんで前日の仕事あがりに成田まで移動して前泊することにした。

選択したのは、JRの快速エアポート成田のグリーン車。横須賀線内からの上りはすいているが、平日の帰宅時間なので都心から千葉方面になると混雑するわけです。結果は、グリーン車だと横浜川崎はOKでしたが品川で人が増え、東京になると満席でした。で、船橋から先はだんだん空いてきて、空港に着くころはガラガラという具合。そういう時間帯だったんですね。ちなみにこれは、大船を平日の19時半くらいに出て成田に21時半ごろつく列車のケースなので、検索でたどり着いた方はどうぞご参考に。

で、それほどに混雑する時間帯の快速エアポート成田に、スーツケースを持ち込むことはできるのか?というと、結論をいうと「神奈川県民ならば、できなくはない」ということです。車両中、進行方向に対して末尾となる座席だと、背もたれと壁の間の隙間にスーツケースを置くことができるからです。これはあくまでも、スーツケース置き場ではなくて、おけるだけの隙間があったから置かせてもらうというレベルの話です。目に余る量ならば、やはりアテンダントのお姉さまに文句もいわれましょう。

あ、それから、神奈川から成田までは快速といえどかなり時間がかかります。車内販売もとくにないわけだから、メシが必要なら乗車前に揃えておくことを強くお勧めします。なぜかというと、夜半に成田駅についても食べる店はさほど選べないからであります。

(続く)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
中国、、行った事ないです。たくさんの人が自転車に乗って移動してるイメージしかありません。
(小学校の時の教科書に載ってた中国は、そんなかんじでした)

中国茶、煎れる器のセットがかわいいな♪とか。

私の頭の中は、「昭和で止まってるね」と、よく言われます。。
イブニングシー
2010/04/13 01:49
僕がはじめて中国へ行ったのは15年以上前でした。経済成長が騒がれ出した初めのころ。当時は確かに自転車ばっかでしたが、最近はむしろ「ホントに車が増えたなあ」という印象が先に来ます。相対的に「自転車だらけの図」はあまり見かけない気が。場所や時間帯にもよる?
円蔵
2010/04/13 13:48

コメントする help

ニックネーム
本 文
中国広州への旅1【成田は遠い】 守成円蔵のちいさな世界/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる