守成円蔵のちいさな世界

アクセスカウンタ

zoom RSS 中国広州への旅4【広州白雲空港】

<<   作成日時 : 2010/04/15 14:58   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

5時間近いフライト。

いよいよ着陸が近づくにつれて、気分はウキウキしだす。こういうのいいですね。人間としてまっとうな感覚を取り戻しました。

思えばむかし仕事にこづきまわされていた時代は、休暇のたびに逃げるように飛行機に乗って、いかにも日常から逃避する状態。心身とも疲れきっていて、飛行機の中ではぐったりと病人のように過ごすしかなかったものなあ。あんとき病気だったな、やっぱ。で、旅先に到着して病院直行とかホテルにて静養を要す、とか(笑)。何やってたんだか。生きてる意味ってやつ、がね。

そんな昔話はどうでもよい。

5時間近いフライトで、無事広州白雲空港に到着。地味にじめっと暑い。日本から薄着で来てよかった。つうか、基本南国仕様で出発したぶん、成田ではかなり寒い思いをしたまだ早い春。こんなんで風邪ひいたら旅も台無し、国内用に、荷物にならないような防寒着は1枚必要でしたね、たとえば薄手のフリースみたいな実質本位のが。

さて。

ここ広州は香港と地続き。台湾島よりはるか南だ。だから春の沖縄旅行の感覚よりも、もっと暑い場所へ行くのである。そんな感じで準備を(誰に言ってるんだ?)。

3月はいいが、4月からはだんだん雨季に移行するらしい。以前、7月の(広州と目と鼻の先の)香港を旅行したことがあったが、あの蒸し暑さにはやられた。現地人のように体が慣れていないから、発汗の仕方が違う。病気じゃないかってくらいに汗がダダ漏れしてくるのだ。旅の時期って、旅費もさることながら、こだわったほうが絶対にいい。

さて市内へ移動。「地球の歩き方」にもたいして広州の情報は載っていないので一応誰かのために書いておくが、空港から市内へゆくリムジンバスは、到着ロビーから外へ出て、目の前の道路のとこに路線別の乗り場がある。

そこには「文明的サービスが云々」という黄色のタスキをかけたお嬢さんが乗り場付近で案内をしていたので、尋ねればだいたい目的のバスに乗れるはずだ、たぶん。

ちなみに彼女はバスの車掌なのである。発車後に車内で彼女からチケットを買えばよい。逆にいうと、この時点で当然現金が必要ですね。いかに中国元を入手したかは次の項目参照。バス代は行先にもよるが、僕は海珠広場(文明的車掌さんが「ハイジュー・スクエア」と言ってた)までの20元。

それと、空港ロビー内にカウンター式のリムジンバス切符売場があった。これは仏山行きとかの郊外線というか、ちょっと長距離の路線のものだと思われる。

しかし、15年くらい前に昔の広州空港を利用したが、雲泥の差だなあ…


【両替について】

元がなければリムジンにも乗れないので、手持ちの日本円を空港で換金する必要があった。

飛行機を降りて入国審査の後のところに、小さな銀行窓口が1つあった。ここは混んでいたのでパスした。で、旅客出口を出て左手すぐにある窓口で5千円だけ両替してみた。

が!なんと、レートのほかに汚い手書きで「手数料40元」と貼ってある。マジかよ?すると、ざっと1元15円のレートとすると5000円で340元弱、手元に来るはずになりますが、手数料40を引かれると300元ですね。つまり、5000円ぽっちの両替の場合だと1元=16.6円を超えます。あるいは、1回あたり40元なんだから、5000円ぽっちじゃなくてもっと大金を両替するなら割安ですが。。。市内のどこでもこんな手数料取られるのかな…

こんなんだったら、成田空港のチェックインカウンターの向こうにある銀行でも似たようなレートでしたから、あほらしいけど日本でやったほうがラクだったワ。広州空港内をほっつき歩いて探してみたけど、他の両替所は手数料50元のところもあった。なんだこりゃ。

今回の旅はこの後も含めて、意外に両替できる場所に苦労した。どこでもできるようでいて、なかなかホテルの近くに両替できる銀行が見つからなかったのだ。香港にあるような民間の両替所みたいのは視界に入らなかったし。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
円蔵さんが、「広州」に旅なさるって言うから何か目的があってのことだと思い、検索かけたけど、ろくな内容のものにヒットしなかったよ。

何が目的で出かけたかは、これからなんですね、楽しみにしております

イブニングシー
2010/04/16 19:20
昔この街へ旅してうまく楽しめなかったので、リベンジみたいなもんです。つっても、うまいもん食べて街の活気に触れてリフレッシュするのが主目的で。そんだけです。
円蔵
2010/04/16 22:24
今回初広州で、両替の事を調べていてこちらに辿りつきました。
手数料、高いですよね・・・
すべての空港内のExchangeが40、50元も取るのでしょうか。ぼったくり・・・
yumi
2011/06/01 17:22
コメントありがとうございます。なにぶん現在はどうなのか分かりませんが、馬鹿げた手数料ですよね!

ただ、私が中国旅行をはじめた90年前半ですとまだ公に「外国人料金」があって、運賃やサービス分野なんかは確か人民の3倍で設定されていた気がします。元の物価は安かったですが。それでも相当むかつきましたから、比べたら今は可愛いもんです…いや…やっぱボッタクリ。。。

円蔵
2011/06/02 00:41

コメントする help

ニックネーム
本 文
中国広州への旅4【広州白雲空港】 守成円蔵のちいさな世界/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる