守成円蔵のちいさな世界

アクセスカウンタ

zoom RSS 中国広州への度17【麺屋】

<<   作成日時 : 2010/05/06 13:12   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

いわゆるラーメン屋、なのだろう。

…各種6元(90円)くらいで出す麺類の食堂が多い。

ラーメンとはいっても、スープは透明で麺はかなりのバラエティから好きなのを選ぶ。それと具で違いが出る。この、麺がまた悩ましい。白いのが主流で一番数が出ているらしいが、それもウドンみたいなものあれば、きしめんよか幅広のもあって、食べてみたいけどなんて頼むのかがわからなかった。

仕方ないから外人丸出しでなんとか好みの麺を頼もうとするのだが、場末の食堂のおばちゃんは冷たい。「ハア?こいつ何いってんかわかんねーよ」って対応されてしまう。しかたないから、知ってる単語で「随便」(てきとうにヨロシク!)って言ってみたら、麺もうどんみたいなの選んで、メニューにないようなトッピングしまくりにして出してくれた。

…顔がぶすくれてるだけで、ネはいいおばちゃんなんだなきっと。

その、うどん状のラーメンにありついたが、どうやら米の麺のようで想像以上のコシと気持ちイイのど越し。

これ、日本では作れないのか?米余らせてる場合じゃないぜ。米粉はいいんだが、わざわざパンにしなくっても麺に加工すればいいじゃんか。

いわゆる僕のイメージするラーメンに近かった麺が、「全蛋」(たまごめん、の意か)とか「全蛋絲麺」(絲=スー、細い)て書いてあった。こっちのはとりわけ細いのね。

そして、こちらの食堂の麺はいつ来てもアツアツで嬉しかった。日本のラーメン屋は、さいきんぬるすぎる。もっとアツアツを見習ってほしいものだぜ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
中国広州への度17【麺屋】 守成円蔵のちいさな世界/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる