守成円蔵のちいさな世界

アクセスカウンタ

zoom RSS 吉見金銭トレードへ!

<<   作成日時 : 2010/05/08 13:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

2ケタ勝利の実績もあり。

しかし、先発として開花できず谷間の先発要員なんだか、リリーフなんだが、好投したかと思ったら次はぶちこわしたりと…

要するに、信頼を獲得するにいたらなかったわけだ。

今季は開幕からローテに名を連ねつつ、1試合目の投壊で早々と見切りをつけられた格好だ。

今年ダメだったら自由契約かな?とくらいには思っていたのだが、この時期に放出とは。しかも金銭トレード。支配下の枠を少しでも空けたかったのか。交換相手がないこと承知で、吉見に環境を変えてあげようとの親心だったのか。


まあアレですね。そもそもロッテから清水をトレード獲得した見返りに那須野+捕手ってのが釣り合ってないわけで。あまりにナスの使えなさっぷりに「返品しろコラ!」と、俺がロッテなら言うだろう。さすがに返品はないけど、「じゃあ、先発できるピッチャー1名追加しますから」ということなんじゃないかと思うよ。

ということで、今回の吉見の件は、清水と吉見・那須野・斉藤の1対3トレードだったと理解したら早い。



ベイスターズ、下位を叩いたことでここまでなんとか4位浮上。でも巨人・阪神・中日相手に今の残塁多い攻撃をしていたらあっさりやられてしまうだろう。今日からの巨人戦2試合は1つ取れるだろうか?仮に2つ取れると5割復帰で交流戦に入れるのだけれど。

投手陣にもたしかにきざしが見えてきた。若い山口が抑えとして機能しだした。継投も中堅選手がなんとかしのいでいる。

でも、今季の横浜先発陣は30代(しかも30代後半中心)の先発で支えている現状だ。

三浦、ランドルフ、清水。これに大家が加入。そしてひじに不安の出た寺原。夏以降、あるいは来季以降、まだまだ楽観はできず、先発が足りないという事態はマダマダ考えておかなければ。

となると吉見にまだチャンスをあげても…と思うのだが。

要するに、そういう事態に陥ったとしても「その時は若手を使いますよ」という球団の意思表示でもあるのだろう。

藤江、小林太、桑原謙、小杉、佐藤、阿斗里…

まあ、試すべきタマは多い。

逆に、伸び悩む中堅以降の選手は相当頑張らないと。今季ここまでの緊急補強を見ていると、次に切られるのはオレ、くらいの危機感が必要です。ひょっとするとこのままでは、吉村なんぞも今季次第では危ないかもしれないよ。30発の実績とともに引き換えられる投手がいたら、サクッと放出かもしれん。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
吉見金銭トレードへ! 守成円蔵のちいさな世界/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる