守成円蔵のちいさな世界

アクセスカウンタ

zoom RSS 梅雨の宵の蛍見物が…

<<   作成日時 : 2010/06/22 22:51   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

ネットの便利さの反面で。

情報が広く行き渡りすぎる面がある。

なにも、なにもかもがオープンにならなくてもいいのに。

僕がほぼ自力で見つけた蛍がみれる谷戸がある。もちろん、地元の人は知ってるんだろうけど、当時はネットで引いても場所なんて特定できなかったその谷戸は、何年か前に僕が梅雨時の宵に探し回って見つけた蛍のちいさなコロニーなんだ。

人工的な放流なんてしていない、自然の蛍。

…その代わり、保護もされていない。

いつのまにか、ネットで検索をかけると、ブログやらなにやらで「○○○谷戸でホタルを見てきました。きゃー♪」みたいなお前市ね的な書き込みでその○○○谷戸は紹介されまくっていた。ちょっとは考えて書けよ、というレベルの方々までネットの世界にはいらっしゃるから(自戒の意味を込めて…)、やっかいなのだ。

自己顕示欲なのか、なんなのか、それ書いてお前、誰に何をアピールしたいわけよ?

文字にしていいことと、しなくていいことがある!

それをわからないヤツがいる!

むずかしい…むなしい…(自戒の意味を込めてますよ…)

ああ。

さらにその谷戸の手前に、ゴルフ練習場のイルミネーションができて、モロに光害になった。

おまけに谷戸の入り口の湿地が、なんと鉄板で囲われ、ガイコクジンがたむろする自動車解体工場になってしまった!!!なんだこりゃ!!!

おりしも本日、「ヤード」と呼ばれる怪しい自動車解体現場が全国的に一斉摘発を受けたはずだ。盗難車密輸や外国人不法滞在の温床となる機会も多い「ヤード」。この谷戸にできてしまったこの解体工場も、もろそのにおいがぷんぷんする。

夜の9時だというのに、真っ暗なはずの谷戸に響く外国人の喧噪。作業用の強力なライトが外にも漏れる。廃液だってこの谷戸を汚しているに違いない。ちらりと覗いたが、屈強な外国人たちが20人は軽く集って何かをしている。

ああ、こんな環境が悪化しては、この蛍の谷戸も、もうダメだろう。

もっと散策路の奥へ入って、発生源の池などを確認したかったが、この解体工場の車が散策路を完全にふさいでしまっている。

どうして市はこんな開発を許したのだろう。

谷戸の入り口から奥に向かっては、谷戸の右沿いに細い散策路が伸びている。その散策路の右側が、市の管理する自然公園の一部を形成している里山。当然、市は保全の責任がある。しかし、散策路の左側(つまりこの場合、谷戸の平地の大部分を指す)は、公園地域ではなかったからこんな売却の仕方がまかり通ったのだろう。

ああ、この平地部分は、谷戸の奥からちらりほらりと湿地を移動してくるはぐれほたるが実に幻想的だったのに。

かなり傷ついた夜でした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
梅雨の宵の蛍見物が… 守成円蔵のちいさな世界/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる