守成円蔵のちいさな世界

アクセスカウンタ

zoom RSS 生肉は流通しないはずだそうだ。

<<   作成日時 : 2011/05/04 13:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ユッケとか生肉で死亡…

…提供した焼肉チェーンや、知っていて卸した業者とか、もちろん責任の所在はそいつらにあるが。

小学生にユッケ食わす親の責任は、どうした?
常識だと思うんだけど、もう常識じゃないんだな。

ある意味、平和の象徴だよ。そんなもん、子供になんの疑問もなく食わせて。獣肉の生食のリスクを、考えもしないんだろうな、「だってこうやって、飲食店で普通に出てくるんだから、安心だろう」って。抵抗力が未熟な子供(や老人)にそんなもん与えちゃダメでしょうに。

この店、肉を消毒すれば刺身で食っても大丈夫。。。というところが恐ろしいな。たくさんあるのかな、こういう店。


そもそも、お上に言わせると、「牛豚鶏は生食を前提とした流通をしていない」んだそうな。よく飲み屋で出てくる「レバ刺」「鶏の刺身」なんてどこがどーなってテーブルに出てくるのか?馬刺しは別枠で特別に許可されて流通をしているのか?はなはだ疑問である。(それでも俺は食うけど)

その辺の法や仕組みの「抜け」や「不備」が、そろそろつまびらかにされてきそうな予感。

いや、食いたいんですよ安心して。でも子供に与えるような消費者がいる限り、規制もやむなしか。


最近スーパーの魚売り場でこんなポップを見かける。

「イカ、サンマや〜〜(あと失念)には、寄生虫がついているものがありますので、ご理解の上お買い求めください」

いちいち言わぬまでも、そういうものじゃん?

だけどこのポップの存在は、魚によっては当たり前に寄生虫がついているのを知りもしない消費者がいるってことの証明にほかならない。きっとギャーギャー文句言ったんだろうな。それで店側が謝罪しなきゃいけないのだとしたら、痛すぎる……どーかなってる……。俺なんて、いまだ「サーモン」とかいって生で出てくるサケが食えないもんな気持ち悪くて。(でも、レバ刺しは食うんだが)

責任の所在や規制も結構だが、もうちょっと食う側の人間がちゃんとしないといけないんじゃない?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
生肉は流通しないはずだそうだ。 守成円蔵のちいさな世界/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる