守成円蔵のちいさな世界

アクセスカウンタ

zoom RSS ソウルへ行きましたE

<<   作成日時 : 2011/07/20 19:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

韓国の首都で通りを眺めていて思うのは…

往来をゆくクルマのセダンの多さときたら。

日本は軽自動車からコンパクトカー、ワゴンに商用車にスポーツそれからまだまだセダンと、色も種類もとりどりなのにこちらソウルではやたらセダンが多い。

さらに大宇や三星なんかのメーカーがいったん潰れているから、現代(ヒュンダイ)の圧倒的な優勢のよう。道を見ていればそれはよーくわかるので。こういうのを、寡占というんかな。

これが日本市場だったら、トヨタが相変わらず強いにせよまだまだ寡占なんて考えられません。いちおう、トヨタ日産ホンダマツダ三菱スバルスズキダイハツ(日野いすゞ光岡)と、まがりなりにも市場の開けている日本とは、ちょと事情が違うよう。

とにかく反日というか国産保護というか、国産車メインですね。かろうじてBMWは見るが、ベンツすらなかなかお目にかからない。欧州車やアメリカ車は首都ソウルですら見かけないのだから、ほとんど韓国車なのかな。こう言ってはなんだけれども、トヨタ車の走らない国ってのもきょうび珍しいものかもしれない。

その代わり?、日産の車だけはよーく見かけた。旧型のティアナですな。だけど、エンブレムは違うし、バンパー周りも微妙にアレンジしてある。

あとから調べてみてなにかといえば、これはサムソン(三星)自動車の経営悪化のあとになる、ルノー・サムソンのクルマなんですな。日産とルノーの提携のたまもの。ほうか、こうやってバッジエンジニアリングで日産車は売り上げを伸ばしているんか、と実感。

あと、なぜだかスズキなんじゃないかというクルマも見かけた。日本でいう「スプラッシュ」かな、東欧で生産してるやつ。あれが若干装飾を変えて大宇のブランド(マティスか何かなのかしらん?)から出ているように見受けられました。


ちなみにヒュンダイのグレンジャーというクルマ、よく見かけたけどデザインは悪くないよね。グランデュールって綴りなのかと思いきや、あれグレンジャーて読むんだって。うーむ、戦隊モノの香りがしてしまうのはマイナスか…しかし、日本でも通用しそうなデザイン。いまどきのホンダよりは上にいけるんじゃないの見た目だけなら。でもな、実際のところは日本人て、国産車があれだけリーズナブルな以上は、なかなか韓国車は選べないのよね。


それから、結構韓国ではタクシーを乗りました。上記「ティアナ」のタクシーなんか結構走ってましたね。ひと昔まえはタクシーってヒュンダイのソナタとか多かった気がしましたが。それで、韓国ではタクシーが安いですね。日本の感覚で3000円近く乗ったんじゃないかな、と思っていると700円くらいだったりして、こりゃ、安いのはいいけどもタクシードライバーもきっと生活が大変なんじゃないかな、とそっち方面の心配をしてしまう。

よく、日本のニュースで韓国のバス運転手がキレた乗客に暴行されるの図が放送されるけど(車載カメラで録画されれちゃったやつ)、あんなのから見受けるに、職業ドライバーの社会的地位ってのはあちらじゃ低いのかしらん、と想像にかられた次第。関係あるかはしらんけど、タクシー安いけど愛想はぜんぜん良くないものな。そーいう世界。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ソウルへ行きましたE 守成円蔵のちいさな世界/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる