守成円蔵のちいさな世界

アクセスカウンタ

zoom RSS NHK契約解除へ9万人?

<<   作成日時 : 2011/09/27 22:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

9月上旬に書いたままUPし損ねた記事↓

これ、興味深いなあ。

地デジ下完了の影響で、NHK視聴者のうち9万人がNHKとの受信契約終了求めてきた、というニュース。

契約終了受け付け9万件=地デジ化でNHK
(時事通信 2011年9月8日)

NHKは8日、7月24日のアナログ放送終了に伴う受信契約の終了を求める電話の受付件数が8月末までに約9万件に上ったと発表した。松本正之会長は8日の会見で「今後、10万件は超すだろう。かなり大きな数字」と述べた。現在、終了の規定に該当するかどうか確認中で、最終的な件数は分からないという。 

NHKが受け付けただけで9万人というから、この話を聞いてさらに人数は増えるんじゃないか。

本当にアナログテレビから地デジへ移行しない「テレビレス生活」に入る人が全国に何十万人もいて、そのうちの何割なのか知らないが、行動的な人たち9万人が契約終了をもちかけている…んだとしたらね、これは結構な数だと思いますよ。テレビを見捨てた人の母数と考えたら。

ただ、表向きはそうでも、”実はテレビはこれからも見るけど、受信料払いたくないからこのチャンスに契約関係を清算したい”という人も実際はいるんではないかと。

「地デジ化して今までのテレビが見られなくなった」
→「新しいテレビは、当面買う予定がない」
→「テレビなくたって、ネットで十分情報は得られる」「テレビつまんないし」

ってね、たとえば。

家の中にテレビがなくたってケータイのワンセグがあれば最低限見られるし、テレビがなくてもテレビが見られるパソコンは持っているかもしれない。それをNHKが家の中に踏み込んで確認することもできない。部屋の中にテレビを所有してなくても、駐車場の車のカーナビでテレビが見られるというのも契約の対象になるんだろうか???

もっといえば、本当にテレビを視聴する機械がなくてもラジオの1つくらいはどの家にも転がっているかもしれない。あるいは、知らずに買ったまでだが実はケータイでFMが聞けるとか、防災用の懐中電灯にAMラジオがついている、とか。

そういうのでNHKラジオは聞けるけどあれはタダで聞いていいのか?テレビの受信料のことばかりいうが、理屈から言ったらラジオにも受信契約は発生するんじゃないのか。(かといって、映像がないぶん割安な「ラジオ契約」があるわけでもない。BSプレミアムはさらに上乗せ料金取るくせに)

…と、NHKは「受信できる”機械”を持っているなら、それは受信契約の必要があります」ってよく言うけれども、そんなら全国民がほぼ該当してしまうのではないか、それこそラジオまで含めたらよ。しかし、契約を交わす義務はこちらにはない(はずだ)。このへんが、仕組みとして無理が生じているところではないか。

仮に受信できる機械を持っていたって、「契約さえ交わさなければいい」ということにもなる。もちろん相手が本気になれば訴えられるんだろうけど。いっぽうでいったん契約を交わしてしまったら、それは支払の義務が生じるわけだ。契約とはそういうものだ。


今回の「NHK脱退9万人」という中には、”いったん交わした契約だが地デジ化完了をいい口実にして契約関係を無くしてしまいたい”という願望を持つ人が相当数入っているような気がする。さらに”契約が切れたら改めて地デジテレビ買えばいいじゃん”くらいの人も結構いそうな。


と、前置きが長くなったが、9月の月末には数字が5万9千になっている。それはいいとして、今日あらたに読んだ下の記事によれば、地デジ化を契機にテレビを卒業する人のなんと多いことか。上の記事で書いたように、僕は「卒業したフリ」の人がずいぶんいるんじゃないかと思ってるけども。
解約5万9000件=地デジ移行で―NHK
(2011年9月27日 時事通信)

NHKは27日、被災3県を除くテレビの地上デジタル放送移行に伴い、受信契約の解約件数が7、8月で計5万9000件に達したことを明らかにした。解約の申し込みがあったものの、まだ確定していない分もあり、最終的な件数はさらに増える可能性がある。

放送を受信できる設備がある場合、視聴者はNHKと受信契約を結ぶ必要がある。しかし、7月24日にアナログ放送が終了し、地デジ対応テレビを持っていない場合は契約が必要なくなったことから、解約の申し込みが増加している。 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
名コラムニストだった山本夏彦さんの随筆に、「映画の次はテレビの番である」という一文があります。この言葉が現実になりつつあるのは感慨深いものがあります。

「フリ」が長引きホントに卒業するようです。量販店の地デジテレビは、値崩れを起こしてだぶついています。

「驕れる者も久しからず」が道理です。ここは潔く「さらば、テレビ」と言いましょう。
テレビの次はネットの番である
2011/10/18 15:51
地デジテレビの値崩れ…

あれだけ性能の良さそうなテレビたちがだぶついているなんて、考えさせられます。90年代に14型テレビデオを3万円で買いましたが、いまその値段で地デジ19型買えますよね…

イイ時代です。。。でも、観る番組がないんじゃ、しょうがないんですよねえ。。。
円蔵
2011/10/19 23:26

コメントする help

ニックネーム
本 文
NHK契約解除へ9万人? 守成円蔵のちいさな世界/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる