守成円蔵のちいさな世界

アクセスカウンタ

zoom RSS どうすりゃ魅力ある球団になれる?

<<   作成日時 : 2011/09/29 22:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

私がまだ学生時代の、90年代前半の話。


神奈川県内にある学校だったが、なぜか廊下の掲示コーナーに日本ハムファイターズの観戦チケットが「ご自由にお取りください」状態で常時置いてあった。

割引優待券じゃない。まんま、観戦チケットである。タダ券である。

当時まだ東京ドームを本拠としていた日ハム。北海道のシンボル球団となった今じゃ考えられないが90年代はだ〜れが見に行くの?というチームだった。日常生活で日ハムファンに出会ったことはなかった。廊下にあったそのタダ券も、哀れなことにいつも余っていた。そりゃ、神奈川から東京に、それも日本ハムの試合をわざわざ見に行く者はそうそうあるまい。もともと東京には巨人がいて、ヤクルトがいて、その上でパリーグの日ハムを応援するほどの市場はなかったのだ。おまけに横浜にも川崎(幕張)にも所沢にもファンがいて。

だからこそ北海道に活路を見いだしたわけだが、振り返ればあの当時は東京日ハムの末期状態だったんだろう。

学生の私だって当時そりゃあ思った。「タダ券がさばけないような魅力のないチームじゃこの先、行き詰まるだろうな」アホでもそれはわかるわけで。

となれば、いかにチームに魅力をつけるかがどれだけ成功するかにかかっている。魅力がつかないのなら逆に、チームを清算する(手放す)のも、ひとつの判断ではある。

この時点で、たたむか、建て直すか、どちらかしかない。いまの北海道日本ハムファイターズは、後者である。



なにを今更わかりきった回顧を、ということになるが、要するに行き詰まった組織は大胆な変革ができないなら、退陣するしかない。そこで変革の意思がないのなら、結果はおのずと決まってくる。変革の意思のある・なしは、とどのつまり、プレーヤーではなくて持ち主にかかわる問題である。言うまでもない。

さて、わが横浜ベイスターズである。私は尾花監督の試合をもう1年みたいとは、まったく思わない。それでも昨年よりは接戦が増えたし、投手陣もなんだかんだ整備されてきている。むしろ打撃陣のほうが問題になってしまったくらいだ。その点では尾花氏はやはり優れた投手コーチなんだと思う。

ただし、すぐれた監督かというとそうではないことは、おおかたの横浜ファンならうなづくところではないか。打撃陣の起用方法もさることながら(いや、実はマシンガン継投にも辟易としているのだけど)、人心掌握がとにかくできない。この監督のために、という選手が出てこないんじゃないか。試合後の監督コメントはいつもどこかしら評論家目線で、「お前がいうな」的な内容ばかりで。


神奈川新聞に連載されているやくみつるもとい、はた山ハッチの1コマ漫画で、前々回だったか、とにかくこの9月の話だが、「監督の置き土産」と題して今年育った先発投手(高崎と国吉)が監督とともに描かれていた。

3年契約の2年目の9月にして「置き土産」と書かれるくらいだから、かの熱烈ベイファンなやくみつるをしても最早見限ったということなのだろう。かつ、それを紙面に載せてしまう神奈川新聞も近い気持ちでいるのだと受け取れる。いやあ、露骨だけどやっぱ辞めて当然と思わせる魅力ない采配だってことだよね。

本当はね、横浜の監督が3年務まったケースがここんとこないので、3年目やらしたら期待できるんじゃないかともフトよぎるのだが、いやあ……それはないな。

そもそも監督批判の前に、持ち主に変革の意欲がないわけで。TBSですな。オーナーチェンジしないと本当はなにも始まらないのだろう。

かといって例のスタジアム縛りの件がどうなるのか。どうにもならないのなら結局チームは横浜を出なければならないわけだ。(神奈川ベイスターズとして横須賀・平塚・相模原など県内巡業でしのぐのも手だが、ありえんな)

ひょっとすると買い手がつかねば、近鉄解散のときのように球団消滅して選手がちりぢりになってしまうことになるかも知れない。筒香をはじめ、若手が力を発揮しつつあるのに、それだけはいただけない。

さあ、チームの売却は?監督人事は?いよいよ今シーズンの横浜ベイスターズが盛り上がってまいりました(泣)。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
どうすりゃ魅力ある球団になれる? 守成円蔵のちいさな世界/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる