守成円蔵のちいさな世界

アクセスカウンタ

zoom RSS 記憶の中のラーメン屋。

<<   作成日時 : 2012/06/05 11:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

誰か教えてくださいな。

2000〜2002年くらいの話だと思われます。

九州出張中にたまたま連れていってもらったラーメン屋さんを探しております。

特別混雑しているわけでもなく、お店自体はけっこう古くからあるような構えの普通のお店でしたが、とても美味しかったのを覚えています。

私が好きだというくらいなので、濃厚な香りのする系統のとんこつラーメンだったはずです。そんなら覚えとけ、って話ですが…そうそう、「どんぶりの底にはざらざらしたものが残った」(骨髄?)、これは確かに記憶があります。


福岡空港に近いエリア、粕屋町(糟屋?)を訪問したときの出来事なので、きっとその店もその近辺ではないかと。博多の街中とか、そんな環境ではございません。

車で連れていかれたのであまり自信ないのですが、JRの駅のそばのラーメン屋だったような気もする。ちいさな駅舎や踏切が、なぜかあったような気がするので。。。「柚須駅?」かなあ…?そんな駅のすぐそばの線路脇に、そういうお店、なかったですかねえ?

ぜんぜん違うかもしれない。そもそも駅前でもなんでもないかもしれない。なんか記憶に自信が持てなくなる年頃。

サイドメニューというか、客席側にコンビニに置いてあるような四角い大きな「おでん」の鍋があって、待ち時間の間にセルフで取って食べれるようになってました。すぐ茹で上がるんだから待ち時間もなにも…と笑いながら食べた記憶が。


「スープに残ったザラザラしたもの」

「おでんがセルフでおいてある」(九州では普通のことなんでしょうか?)

この2つの記憶だけはたしかです。

どなたか、こんなお店をご存じありませんか。記憶の片隅にある「柚須」を手がかりに検索してもひっかからないので、そもそも駅が違うかもしれませんが。

知恵袋で聞け、ってツッコミはなしで(笑)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
記憶の中のラーメン屋。 守成円蔵のちいさな世界/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる