守成円蔵のちいさな世界

アクセスカウンタ

zoom RSS サンクスチェンジはどうなるのか。

<<   作成日時 : 2012/07/20 15:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

auにとっての7/23はちょいとした日になる?

auの携帯を使っている人のうち、迫る7/23の「停波」の影響を直接受ける人がどれくらいいるのだろうか。

比較的新しい端末を使っている人は関係ない。

au側の戦略で、周波数の整理をするということ。
ある程度古い携帯を使っている人は、周波数のリストラの影響で、電話が使えなくなってしまう。
その日が、迫る2012年の7月23日。

だから、1年以上前からauは、古い携帯を変えてください、とアナウンスしてきた。

ところが、今やスマートホン全盛。ガラケーは選ぶほど種類が出ていない。
古い端末をずっと使うような人たちは、スマホへのこだわりが比較的ない人たちだろうし、ガラケーで十分と思っている人たちだろう。
スマホにすると月々の通話料・通信料がひどく増えることもある。
第一、なんでauの都合で端末や契約を変えなくてはいけないのか?(一部、無料機種も配られているが…)

そんなこんなで、たぶんこういう人たちが積み残されたまま7/23を迎えて大騒ぎになるんだと思う。
そんなのは、一部かな?大騒ぎになるほどではないか?
会社の評判を落とすと、シェアや株価に影響するから、auのそうならないように必死だと思うし。

最後のオチとしては、こっそりiphoneを無料配布してオチをつけるのではないか。
表立ってはいないけど、もうそういうことになってたりして。

かくいう僕もこの影響を受けたひとりで、実は6月末にアンドロイドのスマートホンに変えた。
7月に入っても、たぶん魅力的な話は出ないだろうし、混乱して機種変更の契約を待たされたりするのも嫌だったから。
で、6月末時点でタダでもらえるスマートホンで手を打った。その時点で、仮に7月以降にタダになるかもしれない端末たちの顔ぶれを見ても、たいしたモノがないなあと思ったからね。

それはいいんだけど、契約でちょっとしたゴタゴタがあった。
販売店でもけっこう焦っているから、行き違いも起こるだろうな。
クレームをお客様センターに入れたら善処してくれたのだけれど、さらにまたその場でも説明の間違いをされてしまって。それで再度クレームを入れるような始末。
最終的に善処してくれそうだからまあいいが。

「前回の通話の録音を確認しましたが、全面的に当方の説明が間違っておりました。申し訳ありません」

ほうほう。やっぱ録音されてんのか。

まあ、別に俺クレーマーじゃないから、言った言わないをやるよりも、キッチリ録音で確認してくれたらいいんだけどさ。お互い、うっかりしたこともしゃべれませんな。
日常生活の中だって、スマホでこっそりレコーディングされてる場面だってありそうだもの。

最近、auに限らず、あらゆるコールセンターにかけると「お客様対応の品質向上のため…」とかよくわからん日本語で機械音声が流れて「通話内容を録音させていただくことがあります」
って、やるよね。もともとはクレーマー対策から始まったことなんだろうけど、どこでもコレやるようになってる。
で、最近とみにこの自動音声の内容が長く、クドくなってきている。(まあ、ただ待たせる時間の代わりに説明して聞かせられてるだけだろうが)

と、私の場合はこんなんでしたが、auの停波が迫るごとに、現場の方々もどんどん大変なんだろうなあ…とひそかに心配なんぞしております。
最初から大盤振る舞いして気持ちよく端末を乗り換えてもらえばよかったのに、キャリアごと乗り換えられるよりはねえ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
サンクスチェンジはどうなるのか。 守成円蔵のちいさな世界/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる