守成円蔵のちいさな世界

アクセスカウンタ

zoom RSS 扇の要が鶴岡では…

<<   作成日時 : 2012/08/18 20:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

不可解な起用の多い球団だが。

なぜ、鶴岡が正捕手扱いなのか?

黒羽根より打率がいいとかいう意見があるが、しょせん2割打てないバッター。そんなことより、捕手別の防御率とかちゃんと見ての判断なのか?俺も数字は知らないから印象で言ってしまうが、鶴岡の試合って失点が多くないか?

先を見据えたならば、鶴岡は2番手以降で若手正捕手の補助をしてくれたら十分。

それと、捕手2人体制について。

もともと自分は、3人も捕手をベンチに入れるのは無駄だと思ってきた。3人目を使わなきゃいけない場面なんてそうそうないから。

だけど、ここんとこ、終盤のチャンスで1割打者の鶴岡に回ったがために代打が出せない=鶴岡勝負でやっぱり凡退、というケースが相次いだように記憶している。今日の試合も9回のランナーを置いた最後のチャンスで鶴岡が併殺でゲームセットだよ。

こんなんなら、3人目上げようよ。黒羽根がいい。あるいは、タイプの違う細山田でもいい(今も守れないのか?)。

この優先順で3人、ベンチに入らないものか。
黒羽根>高城>鶴岡=細山田>>>新沼、岡



ヒザに不安を抱えたままだった中村ノリさんが肘も痛め、今回登録抹消した。ラミレスだって年間通じて怪我がないことは期待できない。

正直、ただでさえ勝てないチームなんだから守備だけは鉄壁にすべし。それなのにレフト・ラミレスは穴だし、筒香までライトに配置している神経がわからない。このへんは監督(ヘッドコーチ?)の頭の中を覗いてみたいところだ。

だからいちど、守備力でスタメン組んでみたらどうか?正直、それでオーダー組んでも(ラミレスのところ以外は)打率的に遜色ないんじゃなかろうか。

たいして期待できない得点を、失点の少ない守備陣で守り抜くしかないじゃんか。キャンプ時はそう言ってたはずなのに、いつのまにか守備力軽視の打線になっちゃって。

ノリさんがいない前提で考えてみて、

捕手:黒羽根
一塁:???
二塁:内村
三塁:筒香
遊撃:渡辺直
左翼:ラミレス(森本)
中堅:荒波
右翼:???

一塁と右翼には守備力が前提で、その中で打撃好調なのをもってくるしかない。

1.荒波
2.内村
3.筒香
4.ラミレス
5.(一塁or右翼)
6.(一塁or右翼)
7.渡辺直
8.黒羽根
9.(投手)

現状、1〜4番はこれ以外ないでしょう。石川が戻ったときにはまた違ってくるんでしょうが。(ノリさん石川もいたら、逆に答えが出なくて大変だね)

ノリさんがすぐ復帰するなら、5番打者はすぐ決まる。中村がサードで3番、筒香がファーストで5番でいいよ。そしたらライトを日替わりで回せばいいわけだ。まあ、現状そんな感じだけれども、いかんせん、捕手なのよ。

とにかく、失点の少ない捕手に固定することと、3人目の捕手を補充することをしなくてはならないのではなかろうか。鶴岡は正捕手契約とかいうんじゃないだろうなまさか???

あとは個人的には、ルイーズもどうかと思うが、サラサーこそあれで見切ってしまっていいのかどうか。石川の戻る前に(いちおうふたりとも二塁手らしいので)チャンスを与えてはどうか。ただし今は、一塁にて。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
扇の要が鶴岡では… 守成円蔵のちいさな世界/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる