守成円蔵のちいさな世界

アクセスカウンタ

zoom RSS ローテーションって、必要なの?

<<   作成日時 : 2014/03/14 12:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

必要なのを承知で言ってますけどね…

開幕投手は誰だ?開幕ローテはどの6人?

という話になりだす時期。本番開始まであと半月足らず。

正直、僕は開幕投手とかにこだわりはない。勝率が悪いんだったら三浦である必要性はないし。エースを第一戦に充てる必要すらないと思う。弱いチームはそんなこといってられない。

相手が一線級を出してくるなら、こっちはあえて二線級…とはいわんが、それなりの、でいいんじゃないの?

というのは、あまり先発ありきにこだわりがない。勝てばいいのだから、勝てる方法を考えるしかない。子供のころに大洋を観にいくと、たいがい先発は「欠端」とか「大門」とか、ワクワクしないわけですよちっとも。もちろんワクワクはしたいんだけどね。

だから、あまり誰が先発でも一喜一憂しないという特性が身に着いた。

同様に、固定できないであろうローテに心を砕いても仕方ない。野戦病院化は一か月後。たいがい、そういうチームなんだから無理(?)しなくていい。

中畑がいうように先発が10人もいて困るねー、なんていうのなら、3イニングずつ全力で投げさせればいいよ。
3回×3人で9回。いまいち実力と経験に劣る先発候補だからこそ、平等にチャンスを与える。そして、3イニング(1回り)を全力投球してみろ、と。スタミナは後。それで目のある奴は、次第に5回、6回まで投げさせるスターターの権利を与えるんだ。実践を登竜門に使うのよ。

もちろん、ベンチ枠があるから毎試合こんなことできない。イニング食える投手、実績のある投手が先発するときはふつうにやればいい。先発枠が6枠あるところの2枠くらいをこういうやり方で前半戦やってみたらどうか。交流戦なんかまともに勝負にならないわけだし。

3×3でなくても、4回×2人の二段式先発でもいいぜ。1回から4回まで順調に投げられたら、ご褒美としてあと1イニング投げさせてやる、とかをモチベーションに。どうせ10勝投手なんてなかなか出やせん。こうやってポチリポチリと勝ち星につなぐ機会を与えりゃええ。スタートからイニング食える投手とは査定方式は別にしてな。

毎年のこと、どうせ開幕から1か月したら開幕ローテの半分の残っちゃいねえ。下手したら1人しか残ってないってことも実際にあるんだから。あんまり期待せずに、ボチボチ手堅くいこうや。


別に、前提として先発投手は5回まで投げさせよう、なんてルールや紳士協定なんて、ないよね?勝ち投手の権利は別にして。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ローテーションって、必要なの? 守成円蔵のちいさな世界/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる