守成円蔵のちいさな世界

アクセスカウンタ

zoom RSS 田代を呼び戻せ!

<<   作成日時 : 2014/09/19 09:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

楽天が田代をリリースする。

楽天田代コーチも退団 打撃低迷責任取る
(2014年9月19日ニッカンスポーツ)

楽天田代富雄打撃コーチ(60)が今季限りで退団する意思を固めたことが18日、分かった。常々「コーチ業は1年1年が勝負」と話しており、慰留されても気持ちは変えないもよう。ここまでチームの総得点は12球団最下位に沈んでおり、Bクラスの要因となっている。星野監督とともに、責任を取ってユニホームを脱ぐ。

同コーチは12年、まずは2軍打撃コーチに就任した。現在は1軍に定着している西田をはじめ、若手野手を鍛えた。育成手腕を買われ、昨季から1軍に配置転換された。ジョーンズやマギーら外国人選手を日本球界に適応させ、銀次、枡田、岡島ら伸び盛りの選手の力を引き出した。日本一に大きく貢献したが、マギーが退団した今季は中軸を固定することができなかった。

わが横浜の”最後のクジラ”こと田代富雄。横浜の2軍監督から球団フロント入りを打診されるも、現場にこだわり退団し、韓国球団を経て、楽天で働いていた。

正直、メジャーの選手への指導力や楽天を優勝に導いたコーチ陣の1人としての手腕…私はすこし淋しい気持ちで観ていたものだ。ああ、斉藤隆が、藤田が、サブ福山までもが、そして田代が…楽天で華ひらいている。横浜でできなかった日本一を楽天で達成している…と。(斉藤隆は横浜で経験しているけど)

まあ、淋しさはさておき、横浜というお気楽な集団にいたままでは華ひらかないのかもしれん。外へ出たからこそ開眼する世界が、きっとあるのだと思う。横浜にいたままでは開眼しないのだから、ジレンマだけれども。

で。大ちゃんもフロントへ入った。おそらく高田GMの後任として経験を積んでいるのだろう。今後、日本の野球界でGMの立場は大きくなるはずなので、ユニホームを脱ぐ脱がないにこだわる必要もなくなってくる。田代が現場にこだわるなら、一軍の打撃コーチの座が待っていますぜ。

大村さんに二軍監督はどーんと任せればいいし
二宮コーチはいま二軍でどういう立ち位置なのかな?
一軍は進藤コーチに打撃と戦略を任せている現状では、手が足りないと思うのだが。

まあ、考えたら、川村、篠原の投手コーチと小池打撃コーチ、新沼バッテリーコーチ(と、進藤さん、馬場さん、蓬莱さん)で、一軍はよく回しているよな。コーチの若返りを図るにしても、指導者としては未知数すぎるだろ、という中でスタートして、ここまでやっている。…という方針からしたら、一軍は若い人に任せるのかな?田代さんにファームでのびのびと育成しまくってもらうのも、嬉しいんだけど。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
田代を呼び戻せ! 守成円蔵のちいさな世界/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる