北朝鮮特番

テレビ朝日で今夕、北朝鮮モノの一時間特番があって、見てみた。地村さん、蓮池さん、曽我さんの帰国当時を再検証する、というタッチの番組。今日はそこからの完全な受け売りで。

再現VTRや過去の映像主体の番組構成であること、ただし、一部拉致被害者やその家族、安倍官房長官(当時)らの短いインタビューも入っていた点を予め記しておきます。

先に帰国した5名の拉致被害者が、やはり北の教育を受けた上で帰国にGOサインが出されていたという事実、らしい。「三ヶ月前には、北政府から本人たちへ‘帰国指示’が出ていた」「一旦は『帰りたくありません』『子供は置いていきます』と答えた、答えざるを得なかった。それがあの国」「帰国前に、政府関係者臨席の上で“自主勉強”と称して、帰国後の質疑応答の想定問答を繰り返した」「帰国直後、他の被害者のことは一切知らないとしつつ、5人が揃って横田めぐみさんの情報ばかり口にしたのは、被害者組織の中心たる横田夫妻(父母)を懐柔したい北の謀略」「北に横田夫妻の孫(ヘギョンさん)を迎えに来させて、一連の疑惑の一件落着を、北は想定していた」「5人は、それぞれ帰国後数日間は、北に帰るつもりでいた。しかし、家族・友人・書物に接するうちに翻意した」・・・。
やっぱ、北の政府のやることは、1つ1つにウラがあるというか、一筋縄にいかないもんだ。

それからジェンキンさん。北からジャカルタへ来るあたりでは元気そうだったのに、ジャカルタから日本へ来るまでは杖ついてヨロヨロしてて・・・あれは芝居???と思っていた。重病の疑い、ということにすれば、米軍をとりあえず抑えて、人道措置的に安全に日本へ入れるからではないか、そう思っていた私だったが。番組によれば、こうだ。
「長い北での生活で、PTSDになってしまった」「北から出国したとたん、安心から、一気にガタが来た」「PTSDでは、危険な状態から開放された後が、一番体調の変化が起こりやすいと考えられる」・・・。安心して一気にガタが、というのは分かる気がするなあ。座間キャンプはウチの結構近くにあるんだが、元気してますか?ジェンキンさん。

番組の後半では、「配給が事実上なくなり、ヤミ市場が公設市場に昇格した。国民は自ら食いブチを稼ぎだした」「北では、自転車が売れている。燃料不足で列車などの移動手段が止まったからだ。国民は自分の足で進み始めている」「国民は、政府を見放し始めている」って調子でまとめられていく。ま、番組だからいいけどさ、そこまで言えるのかどうかは・・・いいように解釈して終り、的な終わり方がちょっとムリがありました。

番組改編の時期。各局とも特番で目白押し。個人的には、この時期ありがちの警察礼賛モノとか、モノマネとか、ワンパターンのが多いから、あんまりTVが楽しみじゃなくなっちゃう。

※上記のカギカッコ部分は、円蔵が番組内容を個人的にまとめたものです。特定の個人がそのまま発した文言では、ありませんのであしからず。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック