水曜日、いよいよ北朝鮮戦

2月9日、W杯アジア最終予選の日本対北朝鮮戦が、いよいよ間近に。

つい、昨年のアジア杯での中国人サポーターの民度の低さ、見苦しい振る舞いに閉口したことを思い出す。国家斉唱をブーイングで邪魔したり。会場の日本人にゴミ投げつけたり。試合内容とは無関係に、日本人が嫌いだという感情をむき出し。
あれは、サッカーの試合なんだ。 ただの、スポーツだ。

そういう彼らに「変われ」というつもりは、ない。
民度が低いのは、事実。結局は彼らの問題としてはね返ってくるだろう。
それを、外圧でどうこうするなど、不可能。

独裁や教育の怖さ、そして煽動されやすさ。
そうした欠点を、自ら世界に披露して見せてしまった彼ら。
そのことに、彼ら自身が気づく時を、待ってあげることしかできない。


さて、北朝鮮。

日本と北の間にも、さまざまな過去がある。
でも、これもサッカーの試合なのだ。それだけのことだ。

日本人サポーター、とくに試合会場へ行くサポーターは、純粋にサッカーの応援をして欲しい。
ブーイングするなとは言わない。それも、他の国との試合と同じようにやればいい。

それからマスコミにも、変に感情の対立を煽るような偏向報道をしてほしくない。
くだんの中国人とて、皆が皆ああではなかったはずで。

僕らは、フェアな試合を見たいだけだ。
拉致問題や経済制裁と絡めてはいけない。

中国人の振る舞いを不快に思っただけの感情があるなら、
こんどの北朝鮮戦では、我々がどう見るべきかはおのずと明らか。

すべてを許し、和して試合を迎えよ、などとはいわない。
双方、思うところは腹に収めて、正々堂々と闘うべし・応援すべし。
それ以上は何も言うな。それでよい。

それから、日本という国には、日本人だけじゃなくて在日外国人が多数暮らしている。中国人や朝鮮人、韓国人がその代表格だ。それで日本の社会は日々を歩んでる。それが事実だ。こんどの試合には、東京の朝鮮人学校から応援団も出るらしい。彼らの多くは日本で生まれ育っている。つまり、日本人でもあり、朝鮮人でもある。

そういう人もいて、この国あり。その成り立ちを、改めてよく考えながら、私は試合を見たいと思う。

しかしね、何といっても・・・

勝てよ、ジーコジャパン。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 《『美女軍団』ならぬ『美少女軍団』!?》

    Excerpt: かなり前に、『美女軍団』が来日しないとの報道がありましたが、かわりに『美少女軍団』が 応援するとの報道がありました。(いつも思うのですが、なぜ“軍団”なのでしょう?) Weblog: ★☆どんちゃんのプチギャンブラー☆★@WebryBlog racked: 2005-02-06 17:31