毒吐き香港編5『押売は続くよどこまでも』

その6:さらなる土産攻勢
走る観光バスの中で、2日目も3日目も、ガイドのしつこい攻勢が続く。

いまどき誰が買うんだというキンキラゴールドのキーホルダー5個セット、1000円。キーホルダーて・・・。絵葉書セット500円。

極めつきは、勝手についてきたカメラマンに撮らせた写真。6枚セットで6000円だと!綺麗な紙製アルバム仕様+サービス写真(使い回しの風景写真)でオトクだと!6000円ですよ?これ、記念だからって、じいさん達買ってるんだよ・・・高いって言えよ・・・。

中国人ガイドが何枚も上手。仮に佐藤さんという客がいたら、佐藤さんの写真5枚と集合写真1枚を予めアルバムに入れて、佐藤さんに「まずは見てください。買う買わないは自由」といいながら渡す。佐藤さんセットを受け取った佐藤さん、なんとなく買わざるを得ない気分になる。ウラを見ると、6000円と書いてある。やられるがまま。記念だもんな、ウン、とか分かったようなコト言って買っちゃってるんだな。全員。

私の知人A氏も、私は値段と品が釣り合っていないとアドバイスしたが、「しょうがないじゃないか」とか言って買ってた。しょうがなくない。このへん、日本人の集団心理をよくついた売り方だな、と思った。結局、要ると言って財布を開いた日本人の問題でもあるのですが。

日本で受け取った旅程表にあった断り書きを思い出す。
「アジア方面では、商品を強くすすめられる事がありますが、あまりお気になさらず、不要な物は『要らない』と毅然とお断り頂くようお願いします」
私はてっきり、観光地につくやいなや「イッコ、センエン。ヤスイヨ」って寄ってくるアレかと思ってた。

違った。この断り書きは「ガイド」からの押し売り対策だったんだ。

おい、阪○交通社、それはお前の下請けだろ!お前の責任で指導せえ!

ま、若い世代には今後こういうやり方は通用しなくなるでしょうが。なんか、余生を楽しく過ごしたいおじいちゃんおばあちゃんからカネ毟り取るようなやり方が、許せないっすよ。日本人なめやがって。

金持ちだから、気にしなくてもいいの?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック