毒吐き香港編6『食事もペケ』

最後です。毒吐くと人間、消耗しますね。でも、溜め込むのも良くないもんで。

その7:相変わらず、メシは不味い
三食付きツアーってことで、上海、北京、潮州、四川と食事ごとに違う店へ。しかし、どこもあんまりぱっとしない店に、変わり映えしないメニュー。味もたいして良くない。海鮮のカの字もなく、野菜中心のメニュー。ある店では、食事後に店の奥のイケスを見てみたのだが、魚の肌は病気でボロボロ、モロモロの斑点だらけになってやがる。ファッキン。この日は魚料理出なかったけど。

それから何事も詰め込み主義。となりの席や、となりの円卓とぶつかりそうなくらいキツキツに詰めて座らされる。あげく、席につくやいなや料理が5,6品「連続で」出てくる。クエ、クエ、って感じで。せわしなく喰わされるったらありゃしない。

となりの円卓の、別ツアーの日本人客とくらべて、一品少ないこともあったそうな。ガイドのピンハネを疑う?

その8:OPつけて当然?
最後の夕食がまた悲惨だった。このときは、一万円以上する深セン観光オプショナルツアーに参加した人は深センで夕食、不参加のデフォルト組は香港で四川料理の夕食、という段取り。我々は後者。これがひどい手抜き料理店。特に辛くもなく、そうでなくても気の抜けた料理で品数も少なかった。オプション組と分かれる直前の食事とは、あからさまな落差。

オプションつけなかった罰ですか、こりゃ?

おまけに、食事中にウェイトレスがお土産品の販売にテーブルに来て、喰ってるそばから商品説明をする。無視していると、こんどはマネジャーの男が出てきてさらに商品説明。

馬鹿にすんな。客をなんだと思っているのか。

円蔵、食べている邪魔をされると、ムカツクんですよ。普段は食事中の電話も無視するくらい徹底
してますから。殺すゾ、ホンマに。

その9:即席ラーメンを日本人に出すな
最終日、ガイドいわく「香港の家庭料理でブランチ」の予定。

つれてかれたのは軽食喫茶。やな予感。

いえ、こういうスタイルの店が香港に多数あるのは知っています。それが地元のスタイルの1つであることも。でも「家庭料理」じゃないだろ。そこで出すものの中には、即席ラーメンを調理したものがあったり、コーヒーと称してインスタントコーヒーにミルク・砂糖をぶち込んだものが出ることも、知っています、私は。でも、一見の日本人にそれやったら、侮辱されたと思うでしょう。

期待通りつうか、即席ラーメンも、例のコーヒーも、出てまいりましたよ・・・やっちゃった・・・

即席ラーメンを飲食店で供したり、コーヒー文化の浅い国ではインスタント主流であるのは、アジア周辺では決してレアケースとはいえない。それはそれで認める。でもね、日本人の熟年夫婦の団体を連れていくのが適当か、どうかは別だ。

適当ではないだろう。

例えば、日本へ遊びに来た海外からのツアー客を、喫茶店のモーニングへ連れていきますか?

総括するとこういうこと。
「朝から連れ回され、お世辞にも旨いとはいえない食事を三食とりながら、さして面白味のない観光地を巡ることと押売りショッピングの繰り返し」
こんなことさしてるのは、阪○交通社だけかも知れない。とにかく、発注元として、もうちょっとコントロールすべきだと思った。現地ガイドのやりたい放題で、せっかくの旅も興冷め。「高級料理店」「グルメツアー」とはどこにも書いてないツアーだけど、それにしてもレベルの低い食事たち。

こんなん、日本人もいつまでも喰われっぱなしじゃ情けないですよ。NOははっきり示しましょう。

最後にで一句。騙しても まだまだ騙せる 日本人。そういう本があるんですが。

おつかれさまでした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

シズコ
2006年05月25日 23:31
「毒吐き香港」読ませて頂きました。そしてごめんなさい、笑っちゃいました。わたしも少ない海外経験で、香港だけは二回行ってるんです。返還前と返還後。押し売り攻撃、凄いですね。わたしの時はここまで凄くはなかったけど、同じようなもんでした。むしろその後行ったヴェトナムの方が凄かったです。ボッタクリ当たり前。吹っかけ当たり前。それでもアジアがとても好きです。でも外国のどこに行っても「日本人=金持ち」のイメージはあるみたいですね。最近だからわたしは専ら中国人と間違えられるのを幸いに、それで通してます。一回それで日本でも通してみたら、露天商の外人さんにたくさん商品をまけてもらって、やみつきになりそうでした。(笑)円蔵さんのブログ面白いですね。くっくっくっと笑いながら今晩も楽しませていただきました。ありがとうございます。
円蔵
2006年05月26日 22:52
たいがいいつも屈折して書いてしまうもんですからアレなんですが、そうですか、面白かったですか、それはどうも恐縮です。

私も海外で日本人目当てに言い寄られた際は、コリアンだと言うと諦めてくれます。

この記事へのトラックバック