邦人殴られる・上海【 抗日か?】

アカン、もう今日はアカンワ。堪忍な。

あくまで詳しい事情は不明とした上で、残念ながらこのような報道がついに出てしまった。

邦人留学生2人殴られる 上海、飲食店で中国人に
 【上海10日共同】中国上海市の日本総領事館は10日、日本人留学生2人が9日夜、同市内の飲食店で中国人客にビールジョッキや灰皿などで頭部を殴られ、負傷したことを明らかにした。2人は病院で治療を受けた後、帰宅しており、軽傷のもようだ。
 同総領事館によると、詳しい事情は不明だが、反日感情による事件の可能性も排除できないという。
 2人は他の外国人留学生を含む10数人で9日夜、飲食店に入店。直後に中国人客から「おまえたちは中国人か、韓国人か」と聞かれた。4人いた日本人留学生のうち1人が「日本人だ」と答えると暴行を受けた。(共同通信) - 4月10日17時17分更新

そりゃ、国家間でモメ事がおこると、日本にも朝鮮学校の女学生のチマ・チョゴリにハサミを入れるクサレ外道もおります。ひょっとしたら今回も、街で客引くエステの小姐に毒づくけしからん輩もおりましょう。古くは、関東大震災のときには在日の人々に風評・迫害が及んだことだってある。

それはそれで問題だけど、それらは別々に論じなければいけない。上海の事件は上海の事件。一部かも知れないが、中国人民は完全に、クールさを欠いたとしかいいようがない。

飯食っている日本人留学生に何の罪が?

私だってこうやって腹を立てているが、かといって、日本の街を歩く中国人には罪がないことぐらい理解している。彼らを殴ることなんて、しない。

数年前の西安の寸劇事件を覚えていますか?

学園祭で、日本人留学生がヒワイな寸劇を演じて、場を台無しにしたばかりか中国人たちの怒りを買った。それは確かに日本人が悪かった。ところが、騒動は学外に発展し、一般市民を巻き込んだ抗日デモが展開された。日本人は学内の寮に避難していたが、先鋭化した一部市民が寮に侵入し、日本人女子学生を暴行した。その女学生は寸劇とは無関係なのに、だ。さらに、中国のメディアは、日本人がけしからん劇で中国人を侮辱したことだけ報道し、無関係の女性が殴られたことは知らせていない。まったくアンフェアな話だ。この程度の連中だ。

今回の件も、根拠のない感情だけで暴力に訴えた(一部の)中国人民。

正直にいおうじゃないか。僕は彼らの横暴に、我慢がならない。

何かこちらがいえば、「だって日本が昔、悪いことしたから」か?
いつまで筋違いの言い訳を続けるのだ?

まあ、しょせんは情報を選別して与えられ、煽動されているに過ぎない哀れな民だと思えば・・・
・・・ちったあ可哀相にも思えてくるが。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック