古に、我々はあなたから礼を学んだわけだが。

上海の日系企業で働く友人(日本人)と、昨晩電話で話をしました。内容は、彼の披露宴について。
彼は、来月台湾の女性と結婚をするのです。めでたしめでたし。

私はよくここで中国に不快感をあらわす文章を書きますが、もともとは親中派だったのです。
どうしちゃったんだよ中国!?という戸惑いとともに、複雑な心情があるわけです。

さて、彼に一連の日中問題で窮屈な思いはしていないか?と問うと、
「していない。同僚の中国人たちも個々の考えは別にして、日系企業で働く以上は嫌ならわざわざここで仕事しないはずだし。報道されるようなことは一部の人のやることだし。日本のマスコミが過敏に反応しすぎじゃないかな」ということで、一応安心した次第。

人民のあくまで一部、というのは確かなんだが、報道を牛耳っている共産党政府の振る舞いについてはどうなんだろう?今回も、ドタキャンについては報道せずに「小泉がまた靖国発言した」という論調で報道しているし・・・それを全土の人民が見るんだろ?それについてはどうなんだろ、う~む。

電話ではそこまで話を聞けなかった。代わりに、苦手なスピーチの依頼をお受けしてしまった。
・・・う~む。どうしよ。

中国副首相帰国に政府「極めて失礼」…懸案に影響

 中国の呉儀副首相が小泉首相との会談をキャンセルした理由として、中国政府が首相の靖国神社参拝をめぐる発言を挙げたことについて、政府・与党からは「自分の非を棚に上げて、相手が悪いというのは、極めて失礼だ」(自民党幹部)などと改めて批判の声が上がった。

 政府関係者は24日、中国の孔泉報道局長が、副首相の帰国と小泉首相の靖国神社参拝を結び付ける発言をしたことについて、「靖国参拝への抗議の意思を示すために、一国のトップに非礼なふるまいをするのは常識では考えられない」と語った。また、副首相は当初の予定通り24日にモンゴルを訪問しており、「中国側が当初、帰国理由に挙げた『緊急の公務』がなかったことは明確だ」(外務省幹部)との声が上がるなど、中国側の対応への不信感が高まっている。

 日中両政府は、4月23日の小泉首相と胡錦濤国家主席の会談などを通じて、外相や外務次官による対話を促進し、東シナ海の天然ガス田開発問題など懸案を解決していく方針を確認している。今月30、31日に北京で開催予定のガス田に関する局長級の実務者協議では、日本政府は中国に対し、一方的な開発の中止などを求める方針だ。中国が提案している共同開発の協議にも応じる構えで、中国側と接点を探りたいとしている。

 しかし、今回の呉副首相の帰国問題で、「中国政府は、国内の反日世論を恐れて、日本との協議で柔軟な姿勢を取りにくくなるのではないか」(外務省幹部)との懸念も出ている。

 反日デモに伴う日本大使館や日本大使公邸などの被害については、中国側は原状回復する考えを示している。しかし、日本政府の「謝罪」要求には依然として応じていない。今回の問題を契機に、こうした中国の姿勢が今後、一層強まる可能性も指摘されている。

 日本の国連安全保障理事会常任理事国入りに対する中国政府の反対姿勢も変化はうかがえず、日中両国は関係改善の糸口をつかみにくいのが実情だ。
(読売新聞) - 5月24日23時39分更新

日本側は当然の言い分だ。失礼にも程がある。会談申し入れした側がウソついてキャンセルだろ?おおよそ大人のすることじゃない。ウソというのは、ありもしない「緊急の公務」をキャンセルの理由にしたことと、当初「靖国発言とは無関係」とコメントした報道局長本人が、掌を返して「靖国のせい」と表明している点。信用できない政府という点では北朝鮮と質は同じだ。

主張をぶつけ合っている最中に、自分の都合が通らなかったり相手のいうことが意に沿わないと、一方的に会話を切るというのは、彼らにとってはよくあることなのかもしれない。私も仕事で中国人にコレを何度もやられた。いわく、命と同様に面子を守ることが優先なのだそうだ。まったく、子供のやることだよ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ジェームズ先斗
2005年05月25日 23:01
>自分の都合が通らなかったり相手のいうことが意に沿わないと、一方的に会話を切る
ある意味、それも交渉術なんだよね。兄貴も分かると思うけど、やられた方は頭に血が昇るぶん不利だし。小泉さんが「(そんな手段は)効かないんですけどね」てクールに言ってたけど本当のところどうなんだろ。
俺的には、相手にしないか正論でクールにあしらうのが一番の対抗策かな。
円蔵
2005年05月26日 09:09
私は強硬に反論しとくけどね。血は昇るけど、やっとかないと調子乗るから。実例、私に「打切り」等、非礼をはたらいていたA氏、その後仕事でミスを出して私に泣きついてきたんだけど、私は助けなかった。ミスの原因が身から出たサビだったことと、助ける価値がない人物だと思ったことが理由な。自業自得ということが彼には通じた・・・と思うけど。冷たいようだが、非礼な奴には一切折れないのが信念なのよ。

この記事へのトラックバック