偽鉛筆より、問題は機械の精度じゃ?

いくらなんでもあんまりだ。

<中国大学受験>今年も鉛筆の「偽2B」問題が浮上

 【北京】中国の大学受験「全国統一試験」を巡り、今年も鉛筆の「偽2B」問題が浮上している。採点は数年前から、機械読み取り方式を採用したが、読み取れるのは2Bの濃さだけ。しかし、受験生の急増で2Bは品薄状態。色の薄い偽物が市場に出回るようになり、知らずに偽物を使った学生は正解しても機械に誤りと判断され、受験に失敗する例は後を絶たないという。
 今年の試験は7、8日に実施される。募集定員475万人に対し867万人が志願した。志願者数は03年613万人、04年723万人と毎年100万人以上増えており、今年も過去最高を記録。受験生にとってはますます狭き門となっている。
 新華社通信によると、01年には山東省青島市の学生600人が偽2B鉛筆を使って全員0点となり、翌年に再受験を強いられた。「中華」というメーカーの模倣品が多く、色は薄く、鉛筆の表面も荒削りだ。値段は本物が1本0.5元(約6円)だが、偽物は0.2元(約2円)前後。
 今年も陝西省西安、甘粛省蘭州、雲南省昆明で偽2B鉛筆が発見されたという。受験生が思わぬ所で足元をすくわれないようにと、北京市や南京市などでは本物の2B鉛筆を支給。受験生や家族には「価格と質を見て購入するように」と注意を呼び掛けている。
(毎日新聞) - 6月6日20時47分更新

シャレんなんないだろう、これは。
マジで青島じゃ、全員0点で1年浪人してんの?
こういうことにこそデモで抗議しろよ、と突っ込んでみる。
まさか、ニセ鉛筆で不合格になったこと、当人たちは知らされてないのか?

ちゅうか・・・ニセ鉛筆もどうかと思うが、2Bしか検知できない機械のほうが問題じゃん。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2005年06月08日 21:39
>こういうことにこそデモで抗議しろよ
うまい! まったく同感
>2Bしか検知できない機械のほうが問題
これも同感。
ニセモノって輸出専用じゃなくなったんですね(これが中国の発展方向か)
kinta
2005年06月09日 17:19
こういうことで国民の不満が出てきちゃ困るから、
矛先を日本に向けてるんだよね~きっと!

鉛筆くらい日本から大量に寄付しちゃえばいいのに。。。
円蔵
2005年06月09日 20:49
>ロングさん
どうもありがとうございます。あれですか、それって日本の100円ショップで10本100円みたいな鉛筆のことですか・・・?

>kintaさん
これじゃあ、国民の不満も高まらないわけがない!当事者の子だけじゃなく、親だって穏やかではいられないでしょう・・・しかし、矛先を外にやるにしては、膝カックンな事件です。
ロング
2005年06月09日 21:19
俺ちゃんがイメージしたのはCDの海賊盤でした。海賊盤=ニセモノと思いまして。そうか海賊盤も輸出だけじゃなく国内流通してたのかな?間違ったみたい(アセアセ;)
円蔵
2005年06月10日 17:55
はるか昔、メイドインジャパンといえば粗悪品の代名詞だった時代があったそうですから、この鉛筆事件も数十年後には「あり得ない!今や中国産は世界一なのに!」みたいになるんですかね・・・どうですかね・・・

この記事へのトラックバック