守成円蔵のちいさな世界

アクセスカウンタ

zoom RSS あの八ツ橋はいずこ。

<<   作成日時 : 2005/10/26 23:28   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 10

中学の修学旅行で初めて八つ橋を食べて、こんなうまいもんがあるのか、と驚いたものだ。

焼き、生とか各種ある中で、なぜか餡を包んだでもない、「ただの四角い平たい生八ツ橋」が気に入った。なに、嗜好が偏っているのは昔からのこと。ちなみにストーブであぶって食べるのが冬の楽しみでした。

そんなマイ八つ橋ブームも過ぎると、あんな甘ったるい食い物はイヤじゃ、とフェイドアウトしていって長い年月が過ぎた。

そんな僕が再び八つ橋を口にしたのは、30歳になった頃だった。

名所嫌いの自分が、なぜかふらりと清水寺を歩きたくなって、何年坂だか忘れたかその界隈をポクポク歩いていたときに偶然目にした八ツ橋屋。乱立する八つ橋メーカーの中でも、その店は出色というか異色というか、ようするに、時代に媚びず地味に人海戦術で売っているところが僕の興味を引いた。店構えも野暮ったいが、土産物屋はビカビカしててはいかんのだ。そのあたり、僕の趣味にも合う。

生だ抹茶だチョコ餡だと修学旅行生に媚びることはせず、敢えて昔ながらの焼き八ツ橋中心にやっている。しかも、店先で一枚一枚手焼きしている。パック詰めや作り置きにはかなわない、ニッキのよい匂いがたちこめる。

結果的にここの八ツ橋は大変美味しかった。京の全銘柄を食べ比べしたわけじゃないが、大手のそれとは比べ物にはならない。シンプルに焼いただけのコレが、素朴で味わい深い。純粋に美味しいと思う。

さて困ったのは、その店の名前が思い出せないことだ。記憶に残る手がかりは、
@「この清水寺と新京極の2店舗しかない」(当時)と店の人が言っていたこと。
A包装紙が赤だったこと。
B手焼きにこだわっていること。
C新京極の店は、上がって左手に店舗があった気がする。
くらいしかない。

清水でも新京極でも買ったことがあるのだが、思い出せないのだ…

八ツ橋とか八橋とか八つ橋とか、いろいろキーワードで探してみたが、たくさんメーカーがあってわからん。

「新庄選手(?)が訪れたという清水寺の店」の情報や「新京極商店街のHPにあるマップ」から、どうやらこれではなかろうか!という店をキャッチするに至ったのだが、100%ドンピシャ(死語)な確信とまではいいがたい。しかし、いまどきネットでひっかからん土産物というのもすごいといえばすごい。旨いんだがな〜。

敢えて限りなくクロに近い(シロ?)その店の名をあげてみる。

八ツ橋屋西尾為忠商店」(やつはしや・にしおためただしょうてん)
(”元祖八ツ橋屋”、”八ツ橋屋”とも)

あまりに情報が少ないので、このページを訪れた方で、かつ情報をお持ちの稀少なあなた。
コメント欄になんか書いてってください…当面京都いかないので…お願いします…

ちなみに、同じ西尾でも「本家八ツ橋西尾(西尾八ツ橋)」じゃありませんでしたのであしからず。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
いまさらのようなコメント・・・
家人が京都で生八ツ橋を買ってきました。
それも餡子の入ってないただの平たいの。
<本人いわく「これが一番ウマかった」そうだが・・・
これが、八ツ橋屋西尾為忠商店のもの!
ただねぇ〜包装紙は緑だよ〜
抹茶色みたいなひし形模様。
清水寺で焼いて試食販売してたそうだ。

私は八ツ橋はニッキ臭くて、
あまり好きじゃなかったんだけど、
こりゃ美味いよ。
焼いたらもっと美味しそう。
kinta
2005/12/05 00:14
いやいやどうもありがとうございます。
西尾為忠商店!おめでとうございます!(?)
包装紙は、生と焼きで色が違ったかも知れません。

この生の四角いやつを、店の人が波型の鉄板に乗っけて、木の型で一個一個押さえつけて例の形の焼き八つ橋にしてた記憶があります。これは家庭じゃできませんが、それとは違うテイストで味わうあぶった生八つ橋、ぜひお試し下さい。
円蔵
2005/12/05 22:04
ああ、生と焼きで包装紙の色が違うのか〜
本人も「焼くとうまいんだ!」と力説。
オーブントースターでさっと焼いて食べました。

今日、旅行の荷物が到着したのだけど
そこにもホテルで購入の別の店の生八ツ橋が・・・
<聖護院八ツ橋総本店
お土産はこれのみ!
よほど気に入ったらしい。(-_-;)
kinta
2005/12/05 22:48
もう色については何か自信ありません… 「聖護院」と並んでよく見かけるブランドに「夕子」ってのがあるんですが、ユウコて…お菓子にしてはいやに生々しすぎて僕は買えません。「ゆうこ下さい」って、言えない…。
円蔵
2005/12/06 22:01
店の冒頓とした感じ、
チョコやイチゴなどの邪道感じがする「おみやげ」用
にシフトしない焼き、生、あん、抹茶餡、の
素朴なラインナップ、
清水と西京極に店舗を構える点、(現在は4店舗?)
店先で焼いてる点、
などから、おそらく元祖八ツ橋屋の旗を掲げている、
西尾為忠商店で間違いないと思います。

そのほかに、印象としては、
・店員の平均年齢が圧倒的に他店より高い
・生八ツ橋には保存料が入っておらず、3〜5日?くらいで食べてくださいみたいな文句がある。
・生八ツ橋は、他のパックされた大手製品に比べ、白い。
などが上げられるかと思いますが、いかがでしょうか?



にシフトしない
京都、真如堂に骨をうずめた祖父の話だと、
piro
2006/05/17 17:58
piroさん、ようこそおいでやす。(地元の方ですか?)

やはり、西尾為忠商店!新京極と西京極とは別みたいですが……
こちらからも、追加情報がありますのでこれを機に近日UPいたします。ぜひまた見に来てください…。

西尾為忠商店は生八つ橋(その場で包んでくれる)も確かにあります。ただいつも焼いたのばっか買ってしまうもんで生の情報ほとんど持ってません。焼いたのなら3ヶ月位はもつんだそうです。
円蔵
2006/05/17 21:52
清水でふっと行き過ぎ取って返し、ふらっと入ったその店で買った生八ツ橋は、円蔵さんの印象そのままの店でした。商品には出していない、つぶあんこしあん両方入りを作ってもらい、端切れの生八ツ橋を買い、今日食べ終わったらまた欲しくなり、ネットで検索、ここに行き着きました。と、同時に取り寄せもできそうにないなぁと感じ、京都へ食べに行こう、いつか、と決心した次第です。
JUN
2007/03/28 21:30
どの辺にお住まいか分かりかねますが、その「いつか」も早々に訪れるといいですね。桜の時期ですし。

なんか今年はJR発足20周年記念とのことで、ただいま青春18きっぷが出血大サービスの8000円(5枚)なんだそうです。で、僕など神奈川から京都だと午前中に出ても夜までに着くなあ…と、貧窮しつつもツイツイ実行しちまうか?とイケナイ衝動に駆られます。
八つ橋に、それから蛸虎のたこ焼き、本店の天下一品、お揚げしみしみのカレーうどん、錦市場で厚焼き玉子とか鯉の甘露煮買ったり…うぅ…(こういう線が専門です)。京都、いいですよねえ。
円蔵
2007/03/28 23:53
またまた今更コメント。
先日、新大阪駅構内で買った八ツ橋はたぶん「西尾為忠商店」のもの。
シンプルに透明シートで包んだだけ上に「生八ツ橋」ってシールがあったかな。
でね、包装紙はピンクっぽい赤が基調でした。

しかし、新大阪日帰りの旅は疲れたよ・・・(´_`;)
kinta
2007/03/29 20:05
新大阪とはまたかなり意外です。

高速化も結構ですがますます日帰りは辛くなりますよ…。10年くらいしたらソウル日帰りは(今も実現してますが)当然の世界になっていそうで、良いのか何だかわかりません。
円蔵
2007/03/29 21:31

コメントする help

ニックネーム
本 文
あの八ツ橋はいずこ。 守成円蔵のちいさな世界/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる